つい契約してしまう保険営業マンの特徴とは?【口コミ・評判まとめ】

保険営業マンとは、お客様に保険の内容の説明を行い、勧誘する人のことを言います。保険業務を行うためには、募集人資格が必要となりますので、保険知識だけではなく、周辺知識も必要になります。この記事では、つい契約してしまう保険営業マンの特徴と、あまり成果の出せていない保険営業マンの特徴について説明していきます。


つい契約してしまう保険営業マンの特徴

まずは、つい契約してしまう保険営業マンの特徴を紹介していきます。

特徴1.保険を売ろうとしない

自分の成績だけを考えている人は相手に見透かされ、最悪の場合、契約してもらえても次の日に解約といった結果になってしまうこともあります。自分から保険の内容を説明するのではなく、相手からもっと詳しい話を聞きたいと思わせることが重要です。

そこで、まず警戒心を解き、「この人は商品を売りに来ているわけではないんだ」と思ってもらうことが重要です。

特徴2.「誠実さ」が伝わる

先ほどもお伝えした通り、いかに保険を売りに来たわけじゃないと認識してもらうことは保険を販売する上でとても重要です。お客様の中には、セールスを警戒し嫌がる方もいて玄関先で断られることもあります。

ポイントはどのような場面でも、公平に接することです。あらゆる場面での親切さ・誠実さが伝わるよう意識しましょう。結果として「この人なら入ってもいい」「内容をもっと聞きたい」「他の保険に入っていたけど、あの人のところなら大丈夫だな」と思ってもらえる人は、自然と結果につながっています。

特徴3.お客様第一主義である

保険の営業マンの多くは、お客様に必要な商品や保障内容というよりも、自分のノルマ達成を1番に考え、自分に都合のよいものを提案し、半ば強引に契約します。しかし、売れる営業マンは、お客様が本当に必要と思う商品や保障内容を提案し、契約をする、しないの判断をお客様に判断してもらいます。

つまり、全部の権利をお客様に与えることで、自分は保険を選ぶための手伝いをしているというスタンスがお客様に伝わり、結果的に契約が積みあがっていきます。

特徴4.成約後に必ず紹介を依頼する

売れる営業マンはほとんど飛び込み営業をしません。それでもなぜ結果を出せているかというと、本当に満足して契約してくれた人から、家族や知人などを紹介してもらえるからです。

家電などを買うときに、口コミを見る人は多いと思いますが、こういったことは保険の世界でも同じです。満足した人の口コミは、どんな宣伝よりも効果があります。売れる営業マンはこのことを知っていますので、成約後は必ず紹介を依頼し、3人~5人の紹介を受けることを目標としています。

あまり成果の出せていない保険営業マンの特徴

保険営業マンにとって、ノルマは欠かせないものです。ですが、相手に不快な思いをさせてはいけないことを、しっかりと認識したうえで対応するようにしましょう。ではどのようなことが、成果を出せていない行動につながっているのかを、説明していきます。

特徴1.一方的に設計を作る

お客様に必要な保障をヒアリングするわけでもなく、入っているのが当たり前と言い、自分に有利な商品の設計をします。そうすることで、必要のない特約も付き、保険料も高くなります。

支払うことができる保険料は人によって異なりますが、それすらも考えずに設計します。自分のことを考えずに提案してくる内容に納得する人はいませんので、成約につながることは少ないと言えます。

特徴2.相手に質問をさせない

営業をしている以上、契約はどうしてもとりたいものですよね。しかし、相手が顧客になるかもしれない人に、話す隙間がなくなることは自分とのコミュニケーションが少なくなるということを意味します。

こういった人は、契約数も少なく新規さえも契約することが難しいと言えるでしょう。疑問を持っている相手に対し、聞く態度を持たないということは、今後の信頼も失う可能性もあります。

特徴3.根拠のない商品説明をする

お客様に「これはどうなの?」と聞かれた際、曖昧に「これは、こうだと思われます」と根拠のない説明をする人がいます。自分がした質問に対して曖昧な答えが返ってくると、「この人に契約して大丈夫だろうか」と不安になってしまいますよね。

いくら売れている営業マンでも、すべての保障内容を知っているというわけではありません。ただ知らないからと言って適当に返答するのではなく、きちんと調べて後日回答するようにしましょう。成果を出せない営業マンは、早く契約したいがために、曖昧な答えをしてしまいがちであり、これにより、契約まで至らないことが多くなります。

さいごに

保険を付き合いで契約している人が多いですが、保険は住宅の購入に次いで2番目に大きな買い物です。これほどのものを付き合いだけで契約してしまうと、結果的に解約をしなければ生活が厳しくなってしまいます。

こうならないためにも、本当に自分に必要な保障を必要な期間契約することが大事です。そのお手伝いをするのが保険営業マンですので、付き合いなどではなく、親身になって相談や提案してくれる人を選ぶことが大事です。


ナカニシビジョンの評判・口コミ

ナカニシビジョンにお勤めの方に、ナカニシビジョンで働いてみての満

WEGOの評判・口コミ

WEGOにお勤めの方に、WEGOで働いてみての満足度について、福

富山銀行の評判・口コミ

富山銀行にお勤めの方に、富山銀行で働いてみての満足度について、福

ワタベウェディングの評判・口コミ

ワタベウェディングにお勤めの方に、ワタベウェディングで働いてみて

本田の評判・口コミ

本田にお勤めの方に、本田で働いてみての満足度について、福利厚生や

→もっと見る

HIS(エイチアイエス) JAグループ JR東日本(東日本旅客鉄道) JTB(ジェイティービー) KDDI NTTグループ みずほ銀行 りらいあコミュニケーションズ アイシンAW(アイシン・エィ・ダブリュ) イオンリテール エディオン キヤノン ソフトバンク デンソー トヨタ自動車 トランスコスモス ニチイ学館 パナソニック パナソニックグループ パーソルキャリア ブリヂストン マイナビ ヤマダ電機 ヤマト運輸 ユニクロ リクルート リコーグループ 三井住友海上火災保険 三井住友銀行 三菱重工業 三菱電機 佐川急便 富士ソフト 富士通 損害保険ジャパン日本興亜 日本生命保険 日本郵便 日産自動車 日立グループ 日立製作所 日野自動車 明治安田生命保険 本田技研工業 第一生命保険 良品計画
PAGE TOP ↑