日本郵便の評判・口コミ

このページでは、日本郵便の従業員・元従業員・奥様から投稿いただいた口コミ情報を掲載しています。日本郵便の年収やボーナス、福利厚生、ワークライフバランスなどの評判をチェックしてみましょう。

最終更新日:2021/05/06

口コミ一覧
気になる口コミをクリックすると、内容をご覧いただけます
※画像は各企業HPより引用しております

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:女性
  • 年代:40代
  • 雇用形態:契約社員
  • 職種:郵便局の郵便窓口
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★☆
公開日:2021年5月6日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:安定していると思ったから

元々官公庁であり、倒産の心配がなく高齢になっても働かせてもらえるからです。郵便局は郵政省の時代から国内において文書通信のインフラでありました。デジタル化が進んでいても、物理的な書面でなければならないことはなくなることはありませんので、数は少なくても需要は必ず発生します。また、災害時に電波通信ができない場合も郵便は届きます。会社であったとしてもインフラであることは変わらないので、仕事は続けていけると思いました。


日本郵便での年収・給料:200~299万円

年収への満足度:どちらでもない

夫の収入と合わせて住宅ローンを返済しつつ何とか食べていけていますが、余裕が生まれるほどでもないので可もなく不可もなくといったところです。ボーナスは寸志程度ですが、他の会社ではアルバイトだと支給すらないところが多いので、出るのは大変ありがたいと思っています。夫も同じ会社の正社員であり役職者であるため、他の人よりはボーナスは多くもらえているようですので、私自身の賞与の額に不満はありません。夫の月々の給料にはやや不満です。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

残業はほとんどありません。契約内容として複数の郵便局を日替わりで巡回しているので、日々新しい刺激を得られて毎日楽しめています。月曜から金曜日までの平日のみの出社であり、完全土日週休二日というのも満足な点であります。やろうと思えば副業もできる時間が確保できますし、福利厚生もかなり手厚く、休業補償もしてくれました。また、有給休暇もあらかじめ希望を聞いてもらうこともでき、プライベートの時間も確保させてもらえています。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:満足

社会保険の加入、人材育成の補助金支給、業務中における傷病への労働災害対応など、今まで勤めてきた一般企業と比べると本当に充実しています。以前、重いゆうパックを引き受ける際、持ち方が悪かったためか手首の骨を剥離骨折してしまったことがありました。自分の責任だと思って特に上司に報告していなかったのですが、傷みが酷くなったため検査を受けると申し出ると「労災になるよ」と言ってくださり、手術後に書類を提出すると労災認定されました。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

勤めている局所や雇用条件にもよると思いますが、契約社員である以上はノルマも課せられませんし、ほぼ毎日定時退社できます。休日に電話がかかってくることもないですし、休日出勤も要請されません。非常に心地よく働かさせてもらっています。管理職になるとやや上局からのプレッシャーが強くなると思います。特にパワーハラスメントに関しては再三研修もあり、ブラック化しないように企業努力はしていると思います。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:契約社員
  • 職種:郵便配達
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★☆
公開日:2021年4月12日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:私でも出来そうだと思ったから

私は元々自分に自信がなく、就職活動もうまく行きませんでした。そこで、バイクで郵便を配達する業務なら私にもできるだろうと思い、安易な気持ちからこの仕事を志望しました。つまり、現実的に考えて自分にも出来そうだなということでこの仕事を選んだわけです。今年で10年目になります。人間、頑張れば何でもきるのだということが、身を以ってわかりました。そんな10年間でした。


日本郵便での年収・給料:400~499万円

年収への満足度:不満

私は契約社員のため、特に正社員との待遇差に疑問を感じます。一番は、全く同じ仕事をしているのにという不満があります。正社員登用制度もありますが、なかなか狭き門です。やはり、まずは休みを正社員並みに取らせて頂けるとありがたいです。正社員は、計画年休と言って強制的に年休を取っているのですが、契約社員にはそれがありません。契約社員にも計画年休を取らせて頂き、余暇を楽しんだりする日をもっと設させて欲しいです。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

常に現場は人手不足ですが、なかなか新たな人が入ってこない上に、入ってきてもきつくて辞めてしまうというのが現状です。特に、毎日残業で、残る人とそうでない人の差が激しいです。また、夜の再配達の業務の際は、以前は夜を担当する専門の社員を配置していましたが、現在は人手不足のため、一部の社員が朝から夜まで通しで業務を行っています。しかも、その夜の再配達に出たがらない社員もいるため、一部の社員にそれが偏ってしまうのが現状です。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:不満

正社員が、有給の取得についても優遇され、ボーナスも多いです。契約社員は少ないボーナスはあるものの、当然退職金はありません。同じ仕事をしているのにと納得できない部分もありますが、雇用形態が違うので致し方ないと思っています。しかしながら、その差を埋めていくような方策は必要ではないでしょうか。そうでないと契約社員の士気も下がりますし、現実的に全社員のうちの半数は契約社員なのですが、定着率も低く常に人不足が深刻化しているというのが現状です。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ブラック企業

正社員と契約社員の待遇差を感じるのと、正社員の中でもランク分けされており、その点がおかしいと感じざるを得ません。何でこのような差別的な待遇差を設けるのか、働いている社員をどう思っているのか、その点については疑問符がつきます。何とか、その待遇差を埋める方策を打ち出して欲しいというのが正直な気持ちです。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:窓口
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★★
公開日:2021年4月5日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:安定しているから

福利厚生や収入、休みや賞与が安定しているためこの会社を選びました。郵便局は全国どこにでもあるので、地域の方からの信頼が厚く他の銀行よりも多く利用していただけるため、会社としても倒産するような心配もないからです。郵便、貯金、保険が主な業務で、窓口に来たお客さまに必要なサービスを提案し、満足していただく素敵な職業だと思ったからです。


日本郵便での年収・給料:200~299万円

年収への満足度:不満

毎月のお給料はそんなに高い方ではなく、友人の事務職の方がお給料や賞与が高かったからです。休みが多いのは嬉しいのですが、収入が少ないため休みの日に使えるお金もあまりなく、お給料が高くない割に業務内容が多く、保険や貯金、物販の営業をしなくてはいけないところが不満でした。また、お正月の時期になると年賀状の売り込みにいくため、休日出勤もありました。寒い中一日中外で年賀状の声かけをするため、体調を崩すこともありました。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

残業はあまりなかったので満足です。定時が17時半の場合は大体時間通りにあがることができました。業務内容が多くても社員みんなで協力してその日のうちに終わらせる努力をしたり、終わらなくても次の日に影響のないように引き継ぎをするなど、なるべく定時であがれる工夫をしていました。また、研修などで残業がある日でも、その分残業代も出るので不満はありませんでした。体調を崩したときには、時間休を使って早退させてもらう場合もあったので、無理をして働くことはなく、働きやすい環境だったと思います。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:とても満足

福利厚生はしっかりしていたと思います。産休、育休に入った方も大体の人が辞めることなく復帰していますし、病休に入られた方も休んでいる間局長や社員からのケアをしてもらいながら充分なお休みを頂いていたからです。病休や産休に入ったとしてもお給料がないわけではなく、何割かを何ヶ月かもらえて収入がなくなる心配もないので、福利厚生は他の会社よりもしっかりしている印象です。また、宿泊施設やレジャー施設の割引などもあったので、よく利用させて頂きました。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

年賀状や保険、貯金など、ノルマが多い会社でしたが、その他は福利厚生もしっかりしていて残業も比較的少ないですし、パワハラなどもなくホワイト企業だと思います。新入社員には、長く働いてもらえるようにメンターと呼ばれる先輩社員がついて、新入社員の悩みを聞いたりケアをする制度もありました。配属先の職場でうまくいかないときには、上司に相談すれば他の配属先に異動させてもらえるなどの対応もあったので、すごく働きやすかったです。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:女性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:窓口業務
  • ステータス:過去2年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2021年3月15日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:多くの人に身近な存在だから

郵便局の窓口では郵便物の引き受けはもちろん、貯金や保険など、その人の生活・人生に関わる多くのことを取り扱います。私は学生時代、アルバイトでお客様に感謝されることの喜びを感じていました。これからも地域の方々の役に立ちたいと思い、身近な存在である郵便局を就職先として選びました。銀行や保険会社よりも郵便局を選んだ理由は窓口の数の多さで、つまり人と会える機会が多いことです。


日本郵便での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:どちらでもない

一般的な民間企業よりも少ない給料だと感じていました。郵便局の窓口では郵便・貯金・保険の3つの取り扱い分野があり、幅広い知識を必要とされます。そして、時にはお客様のお宅へ伺ったり、チラシ配りをするなど、業務の範囲は窓口だけではありません。そのため、私を含めて割に合わないと感じる社員は多かったです。営業実績を上げればそれに見合った手当が支給されるので、努力して成果を上げればそれは評価してもらえます。よって、どちらでもないを選択しました。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

残業はなるべくしないという考えの会社でした。私が在籍していた現場でも社員同士で協力し合い、業務で困難を感じた時には上司が助けてくれました。『明日できることは明日やる』という考えを皆持っていたので、定時になればすぐに帰れる日がほとんどでした。私は在籍中に妊娠・出産を経験しましたが、体調不良や子供の急病など困った時には他の社員が助けてくれましたし、産休や育休も上司の理解があり、2年間取得することができました。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:とても満足

私は在籍時に妊娠・出産を経験しました。福利厚生についてはとても満足しています。具体的には、子供が3歳になるまで育児休暇を取得することができます。長い間休みづらいと思ってしまう会社もあるかもしれませんが、早期復帰を促されるようなことはありませんでした。休業中は定期的に上司と連絡を取り、会社の状況を教えてもらえたり、復職時のサポート(講習会など)も充実していました。なので、現場に戻る際の不安も少なかったです。生活と仕事が両立できる会社だと感じました。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

理由は2つあります。まず1つ目は、福利厚生が充実していて休暇が取りやすいことです。有給休暇は十分に取れましたし、夏季休暇と冬季休暇もあります。特に育児休暇を取得した際はとても助かりました。サポートも手厚く、育児に専念できたと思います。2つ目は、残業がないことです。定時を過ぎて仕事をしていると注意されたほどです。時間内に終わらないことが問題で、どうしたら効率が上がるのか皆で考え、実践していく職場でした。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:一般職
  • ステータス:過去2年以内に在籍していた
  • 評価:★★☆☆☆
公開日:2021年2月19日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:安定した会社だと思ったから

日本郵便は安定した大企業であり、また会社がつぶれる可能性の低い会社です。さらに、福利厚生など待遇面でも好条件とまでは言えませんが、悪くない待遇の会社でもありました。継続的にある程度の年齢まで安定指定して働ける会社に勤務することを志望していた自分にとっては、まずまずの良い会社だと思えたので志望しました。


日本郵便での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:どちらでもない

私は、何よりも継続的働ける環境や職場というものを希望していました。ですので、それほど年収や給料にこだわりを持っていたわけではありません。世の中の標準から言えばおそらく給料は低い部類に入ると思われますが、生活するには足りる給料をいただいていたので、特に満足も不満も感じませんでした。ただ、それほど多かったわけではありませんが、休憩なしで働かなければならなかったり、サービス残業をすることもあったため、その点については給料面に反映されないのにはやや不満がありました。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

深夜勤務やシフト制などは職業柄仕方ないので受け入れられます。しかし、連休をほとんどもらえないのはかなり精神的にまいりました。連休でないため、休日になっても体を休めるだけで何もする気が起こらず、次の日には働きに出るだけという日々がかなりありました。また、休憩なしで働かなければ仕事が終わらないことも多く、休憩なしも度々ありました。そうした状況を見ても、管理職の方々はなんら改善しようとすることはありませんでした。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:不満

入社前は、福利厚生がある程度良い会社であると思っていました。しかし、実際にはそれほど良くはありませんでした。組合費や入りたくもない強制加入に近い保険などに加入させられ、なんだかんだと給料から色々と強制的に引かれました。ただ、病床手当などはかなり手厚く、利用している人も多かったようです。病気になって会社を休むことになっても金銭面ではそれほど心配はないかと思うので、その点はいい点であると思えます。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ブラック企業

職場環境があまりにも悪すぎました。たまたま私が勤めていた局がそうだったのかもしれませんし、すべての局に当てはまるとまでは言えません。ただ、私が勤めていた局では他人に対する悪口や陰口、嫌がらせなどがひどすぎました。また、そうした環境を管理職はほぼ放置していましたし、むしろ自ら助長していたところもありました。そうした職環境でうつになった人もいました。ですので、ホワイト企業であるとはとても言えません。

  • 勤務先:日本郵便
  • 勤務地:奈良県
  • 性別:男性
  • 年代:30代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:事務
  • ステータス:在職中
  • 評価:★★★★★
公開日:2021年2月16日

日本郵便での年収・給料:400~499万円

年収への満足度:不満

基本給のスタートラインが低く、今は残業がない仕事なので生活費としてはギリギリのラインです。昇進もないのでベースアップできる機会が少ないことも、給料アップに繋がらない理由だと思います。扶養手当も年々減額されているので収入減となっています。あと年間100万円アップすれば、生活も楽になるのにと思ってしまいます。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

現在配属されている職場は基本的に残業や休日出勤はないので、土日や祝日、お盆、年末年始も家族で過ごせるため満足しています。残業をした場合でも、残業代がきちんと計算されるため、サービス残業がないところも魅力的です。また、年間約20日ほど年休が取れるので、働いている本人にとっても有給が消費できて自分や家族に時間を使えるので有意義だと思います。家のことで何か急用があった場合も年休が取りやすいので、何かあったときに協力して生活ができるところが満足点です。


日本郵便で今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:今後も勤めてほしいと強く思う

私は現在アルバイト勤務でフルタイムで働いていないので、会社を辞められると生活が立ち行かなくなるため、夫には今の仕事を続けて欲しいと思っています。今はコロナ禍で大変な時代なので、転職活動などもうまくいく見込みがないため、本人がしんどくならない限り、今の会社で働き続けて欲しいです。大きな会社なのですぐに倒産するなどは考えられないので、本人がしんどくならない限りは生活のために働いて欲しいと思っています。


日本郵便はホワイト/ブラック?

(奥様にとって)日本郵便はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

残業代、給料もきちんと支払われますし、有給も消化させてもらえるところなどはホワイト企業だと思っています。労働組合もあり、パワハラやコンプライアンスへの取り組みも積極的と聞いていることも理由です。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業職
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★★
公開日:2021年1月28日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:金融業の営業に興味・関心があったため

私は以前にも金融機関に勤めていたのですが、約1年で退職しました。私自身金融業務についてはものすごくやりがいの仕事と感じているので、同じ業界に絞り転職活動をしました。その中で、今の会社は数ある金融機関の中でもお客様とも近い距離で関わることができるのに魅力を感じ、また福利厚生や教育制度などがものすごく充実していた為志望しました。


日本郵便での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:どちらでもない

私自身が従事している仕事は、金融業務の営業職になります。その中でも営業職は歩合の部分が多い職種でもあります。なので、自分自身の仕事に対するやる気であったり、モチベーションによって収入が変わってきます。私は現状に満足することなく常に向上心を持って仕事に取り組んでいきたいと考えています。営業職という仕事は難しい仕事でもありますが、それ以上にやりがいを感じることができる素晴らしい仕事だと思います。今後は自分の納得できる収入を得られるように頑張っていきたいです。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:とても満足

私の職場は、ワークライフバランスがしっかりとれている会社だと感じています。理由としては、私の勤めている会社は休み(有給など)の取得率が高く、有給以外にも必ずお休みを取得しなければいけない制度などさまざまな制度があります。以上のことからも、仕事とプライベートの両立が可能な為、ものすごく充実した環境の中仕事に取り組めています。プライベートの時間をしっかりと確保ができるという点はものすごく魅力的な部分だと思うので、私自身とても満足をしています。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:とても満足

福利厚生については、私の今勤めている会社はものすごく充実しています。理由としては、1年間の内にたくさんのお休みがありますし、有給などの取得のしやすさがものすごく高いからです。具体例にいうと、年間で必ずお休みを取得しなければいけない日にちがあります。また、急なお休みが必要な場合でも臨機応変に対応していただけることがほとんどなので、福利厚生という部分においてはものすごく充実しており、会社の強みの一つではないかと考えいます。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

理由としては、仕事の内容はもちろん業務内容以外の部分である福利厚生の部分がとても充実している為、ホワイト企業だと感じています。また、営業職という部分でブラックというイメージを持たれるかもしれませんが、全くそのようなことはありません。仕事の内容についても、上司や先輩社員が親身になって教えてくださる為、とても良い環境で仕事ができています。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:金融業
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★☆
公開日:2021年1月15日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:福利厚生が良いから

福利厚生がしっかりしているとは働く前から聞いていました。実際に働いてみて、休みはしっかり取得できて残業もほとんどなく、特に女性に関しては結婚した後も有意義に働ける環境であると思います。実際に子育てしながら無理なく働いている社員は多く見られます。会社が大きいだけにそういったところが安心できるのが良いところだと思います。


日本郵便での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:どちらでもない

給料に関しては役職にもよりますが、一般的な会社と同じくらいだと思います。ですが、残業に対してとても厳しいため、基本給と別に稼ぎたいという方の場合は満足できない給料になってしまうと思います。賞与がしっかり出るため、年収で言えば周りの会社員ともさほど大きな差はありません。正直、自分としてはもっと余裕を持った給料を毎月欲しいと感じているため、そこが満足できない部分の大きな点になっています。役職を上げるためにも頑張る必要があります。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:とても満足

残業はほぼないため、ほぼ毎日定時に上がれる印象があります。そのため、仕事が終わったあともゆっくり家で生活することができますし、毎日ゆっくり料理をしたり好きなことをしたりできる時間が作れる為、満足しています。結婚した後のことを考えても一緒にいれる時間も余裕で作れますし、子供ができたことを考えても育児の手伝いもできるだろうと感じます。残業に苦しみながら精神的・体力的にも苦痛になることがないのは今の社会にとって大事なことだと感じます。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:満足

福利厚生に関しては、大きい会社ということもあってトップレベルで非常にしっかりしていると思います。それを感じる理由として、定年まで働き続ける人が多いということです。贅沢な生活はなかなかできませんが、一般的な生活を送っていく分では全然問題がないと思います。育児休暇に関しても、女性の場合は取れる会社は多くはなっていますが、男性においてもしっかりした理由を要求されずに必要な時に休みをいただけているように感じます。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

一番は福利厚生面です。様々な企業で福利厚生面がしっかりしていなかったりでブラック企業と言われることが多いですが、そういった心配は今のところありません。また、残業もほとんどない為、仕事と自分の時間を作れるというところがとても良いなと感じております。長く働ける職場であると感じています。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:外務配達員
  • ステータス:過去2年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2021年1月13日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:短期アルバイトで採用されたから

コンピュータ系の専門学校を卒業後、就職先がなかなか決まらない中、年末の短期アルバイトを募集していたので応募しました。外務配達員として年賀状の仕分け、道順組立、配達を担当し、契約終了後に引き続き長期契約社員してもらえるよう打診したところ、同じく外務配達員として採用され、数年後に正規社員登用試験に合格しました。


日本郵便での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:満足

繁忙期を除き、勤務時間が超過することはあまりありません。真面目に勤しんでいれば評価され、査定に反映されます。契約社員でもボーナスが支給され、作業効率を計測するテストと称して特別手当も支給されます。勤務年数に応じて有給休暇も取れ、正社員になると夏季・冬季の特別有休も付与されます。話によると、一度辞めていった者がよその民間企業を経験した後、また”楽な”郵便局に戻ってくるということがよくあるようです。破格の高給までは望まず、過酷ではない環境を求めている人にとって最適の職ではないでしょうか。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

契約社員であれば勤務時間は(繁忙期を除き)あまり長く拘束されませんし、交通事故や誤配達など大きなミスをせず勤めていれば正当に評価されます。繁忙期(年末年始における年賀状の準備、配達期間)にしても労基法の範囲内で収まっていますので、問題ありません。普段は週休2回しっかり取れますし、むしろ取らないと叱られるぐらいにしっかりしているので安心です。ただ、人間関係の相性が悪ければパワーハラスメントなどの重圧に晒され、精神を病んでしまうという危険も孕んでいます。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:とても満足

元公務員であった名残で、福利厚生は他の民間企業に比しても充実しているといえるのではないでしょうか。大きな局には社員食堂が備わっており、厚生年金、雇用保険、労災保険等、各種社会保険が完備され、通勤手当、住宅手当も支給されます。同じ郵政グループのつながりで、簡保やがん保険の社内営業がかけられることがあり、中には団体保険としてお得に契約できるものがあったりもします。また、希望に応じて財形貯蓄も積み立てられます。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ブラック企業

物品の営業に販売目標が課され、実質的なノルマとして高い強要力を持っています。年々需要がなくなっていく年賀はがきや暑中見舞い用のかもめ~る、果ては郵便配達に関係のないラーメンやスイーツなどのカタログの契約まであります。目標に達しないと締め付けを受け、社会問題になるほどの問題として、一般にブラック企業の誹りを受ける主因となっています。

  • 勤務先:日本郵便
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:窓口営業
  • ステータス:過去2年以内に在籍していた
  • 評価:★★★☆☆
公開日:2021年1月12日

日本郵便への入社理由・志望動機

日本郵便の志望理由:インターンで働いたことがあるから

安定している仕事に就きたいと高校生のときに考えており、たまたま校内でインターンを募集していたこともあり、郵便局を選んで働いた経験もあったので志望動機に話ができて、安定していている部分が自分の希望と合致していると思いました。また、年間休日数が多く、学生の生活リズムを変えないで仕事ができると思い、郵便局を選びました。


日本郵便での年収・給料:200万円未満

年収への満足度:とても不満

基本給が安く、税金、組合費も取られてしまうと手取りは本当に少なかったです。当時は実家暮らしだったのでそこまでの出費はなかったですが、一人暮らしをしている人から考えると、住宅手当もほとんどなく、満足に生活ができるかと言われるとギリギリ生活をしてくのがやっとといったところです。営業のインセンティブも小学生のお小遣い並みの金額しかもらえず、残業もほとんどないので保険営業のインセンティブで給料を稼ぐしか方法がなく、新人や営業の数字が悪い人はなかなか給料が上がらないところは当時不満でした。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらでもない

残業がほとんどなく、定時で帰れる部分は魅力的ですが、やりがいがあり満足できる仕事内容かと聞かれるとはっきりとした「Yes」の回答ができないのが現実です。社内の人たちはお客様の前ではそのような素振りは見せませんが、皆さん裏では疲れ切った顔をした人がほとんどで、若手のひとも短期退職している人が多く、なかなか定着する人が少ないのを見ていると、ワークライフバランスという部分では不満足となると私は思います。


日本郵便の福利厚生

福利厚生の満足度:とても不満

労働組合にほとんど強制で加入させられて、組合費や組合の積み立てなどが給料から天引きされるのですが、それを払っているからといって何か特典があるわけではありません。また、入社して2年くらいは組合のよくわからない飲み会に毎週誘われて上司に怒られたり、へらへらしている毎日疲れてしまい、精神的に追い詰められたこともあります。それ以外には特に福利厚生などはなく、組合費という自分のお金をドブに捨てているような気分でした。


日本郵便はホワイト/ブラック?

日本郵便はホワイト?ブラック?:ブラック企業

見た目はホワイト企業ですが、中身はブラック企業だなと思います。働いている人も暗い表情の人が多く、毎年たくさんの新入社員を採用していますが、ほとんどの人が1年以内に退職してしまい、体感半分くらいはいなくなっていると思います。営業のノルマも大変で、頑張っても少しの手当てしかもらえず、数字を取らないと上司からの叱責が飛び頑張ってもこんなに報われない会社は、ブラック企業と呼んでもいいのではないかと思います。

  • 勤務先:日本郵便
  • 勤務地:大分県
  • 性別:男性
  • 年代:30代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:地域渉外社員
  • ステータス:在職中
  • 評価:★★★☆☆
公開日:2020年5月20日

日本郵便での年収・給料:700~799万円

年収への満足度:不満

今回のかんぽ問題で営業停止となり、ガクッと給料が減りました。社員は生活するために必死です。真面目に仕事をしてきた社員には、もっと社員を守って欲しいと思います。上記の年収は1~6月までの成績が良かったからですが、7月以降の給料はパート代以下です。正社員で、下部ながら役職が付いていてもなので不満です。大手企業なので組合が頑張ってくれていますが、妻としては納得いく給料ではないです。


日本郵便のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

大手企業ということで、福利厚生はきちんとしています。残業は働き方改革で推奨されてませんが、お客さん相手の営業職なので土日や21時ごろまで働くこともあります。あくまでお客さんの都合での残業です。お休みは基本的にしっかり取れます。子どもが病気の時も有給とは別に特別休暇を取れることもあり、休みの種類や取りやすさも地域の中小企業より断然良いです。(妻の私が地域の中小企業で会社員です。)また、年度で余った有給は翌年度へ繰り越しになります。


日本郵便で今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:どちらとも言えない

大手企業に勤めている安心感はあります。また、会社の持ち株の半分以上は国が保有しており、元公務員というところで、潰れたりしないという安心感もあります。今回のかんぽ問題で会社はもちろん社員は大打撃です。もちろん悪いことを行っていた社員は自業自得ですが、上の上司から言われたことを断れない過剰なノルマも背景にあり、そう言った点はやはり一般社員にとっては精神的にかなりのしかかる物があると思うため、主人も無理して続けていく必要はないかと思っています。


日本郵便はホワイト/ブラック?

(奥様にとって)日本郵便はホワイト?ブラック?:ブラック企業

テレビでたくさん取り上げられているノルマや上司からの心ない言葉など、そういったものがある限りいくら大手企業で安心感があったとしてもブラック企業だと思います。賃金の未払い等はありえないので、その辺はしっかりしていると思います。

日本郵便の口コミ・評判掲示板


名無しさん
日本郵便に実際に勤務している方、勤務していた方へ。

日本郵便の評判はどうですか?日本郵便の社風や雰囲気・人間関係について語り合いましょう!ボーナスや年収の上がりやすさなどについてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

回答一覧

  1. 黒百合 より:

    親など年長には「元・お上」故か好評。私の年代以下では悪いですね。
    私も障害者雇用で入社したばかりの頃から最近まで、お局から執拗な監視・尾行され、ストレスで頻尿になると複数回に及ぶトイレ軟禁したり、評価が下がるように上層部に吹聴する等のパワハラを受けていました。私に限らず彼女は自分に従属しない人(主に年下女性)にトラウマやストレスを植え付け自主退職に追いこみます。2年位前に定年退職のはずが上層部に取り入り再々雇用で私とは別フロアで居座っています。
    総務に「何とか距離が置けないか」「直接会話NGにしたい」旨を何度も伝えたので、恐らく先方は今も根に持っているでしょう。
    今直接的には所属部の部長からハラスメントを受けています。
    年度が切り替わる直前に急に時短勤務を強要。拒否すると作業中に「親と同居なんだから何とかしてもらえるだろ!」「趣味への出費を削ればいいだろ!」とプライバシーと精神衛生を侵害されました。社内労組も担当者が不実な対応で加入も放置され、結局外部の個人で入れる所に相談&手続き。
    その後、部長は「Uさん(私のこと)“ゆっくり”だから」と吹聴して孤立させるスタイルにシフトして現在に至る。

コメントを投稿する

誹謗中傷、虚偽、第三者なりすまし、著作権違反、個人を特定できる情報等は投稿しないでください。法的な責任を問われる可能性があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



日本郵便の口コミ掲示板をもっと見る

日本郵便の基本情報

このページに掲載されている企業の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、こちらのお問合せフォーム(送信専用)からお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

PAGE TOP ↑