カンパニー通信のアンケートにご協力ください(約15秒)回答する

サイバーエージェントの評判・口コミ

このページでは、サイバーエージェントの従業員・元従業員・奥様から投稿いただいた口コミ情報を掲載しています。サイバーエージェントの年収やボーナス、福利厚生、ワークライフバランスなどの評判をチェックしてみましょう。

最終更新日:2020/11/18

口コミ一覧
気になる口コミをクリックすると、内容をご覧いただけます
※画像は各企業HPより引用しております

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 勤務地:東京
  • 性別:男性
  • 年代:30代後半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:アカウントマネージャー
  • ステータス:在職中
  • 評価:★★☆☆☆
公開日:2020年11月9日

サイバーエージェントでの年収・給料:1000~1199万円

年収への満足度:どちらとも言えない

一般的は給与はいいです。ですが、ここ数年で変わり、家賃手当や転勤時の引越し費用の手当が薄すぎる為、満足度はそこまで高くありません。1,200万円までの手取りの収入だと税金的にもかなり取られますし、ただ給与がいい=エリート的な感覚も持ち合わせている為、妻としてはパートなどの仕事はし辛いところがあります。


サイバーエージェントのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらとも言えない

本人も残業という概念はありませんが、以前は会食以外は毎日23時までは会社にいました。土日出勤は当たり前です。長時間労働の自殺の件で今は人事から早く帰る様に、土日に出勤していると人事から逆にアラートの連絡が入るぐらい健全です。出社時間は社員の満員電車のストレスをなくすために、10時になりました。上司にもよると思いますが、休暇は取りやすいと思います。ただ、主人が有給を使ったのは、2年に一度くらいしか聞いたことがありません。


サイバーエージェントで今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:あまり今後も勤めてほしいと思わない

20代のプロパーの社員を大切にするので、若手のために手を貸して花を持たせる風潮があります。先ず入社直後の社員で実績を出し、逆に30代迄に目立たないとそれ以降はほぼサポート役に徹する感じではないでしょうか。社員は個性のある方が多く、会社のイベントでは毎年人気の芸人やタレントを招いたり、女性社員のみコラーゲンドリンクを配布するなど、社風や福利厚生の面ではこの会社で仕事をするのは面白いと思います。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

(奥様にとって)サイバーエージェントはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

今はホワイト企業と言えます。新規事業を始めるのにはスピードが早いというのもありますし、自分意見やの選択肢が自由な点ではホワイト企業だと思います。長期労働者の事件が出た以前は、ブラックよりでした。怒鳴る、人格否定などはあった様ですが、人の個性も捉え方にもよると思いますし、それはどの会社でもあることだと思います。クリエィティブな考えがあり、インターネット業界で働きたいのであればいい会社だと思います。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:過去2年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年11月6日

サイバーエージェントへの入社理由・志望動機

サイバーエージェントの志望理由:夢を実現できそうだったから

自分の夢を実現できる環境があると感じたからです。子会社も多いので、部署や会社にもよりますが実際に比較的若手が多く、若手自ら声をあげて活躍していこうという風潮がありました。面接官をしてくれた人や実際に働いていた人たちと実際に会う機会を沢山設けてくれて、会社側からもよく考えて見極めて志望してほしいという雰囲気にも後押しされ、結局第一志望にしました。


サイバーエージェントでの年収・給料:400~499万円

年収への満足度:どちらでもない

実際の労働時間やかけているコストに比べて、給料の上がり幅が狭かったからです。営業時間外でもすぐに連絡を返すために1日気が休まらなかったり、家に帰ってからも資料作りをするなど、ずっと仕事をしているような気分でした。その割りに昇給は上司のさじ加減で決まるため、部署や上司によってバラツキがありました。会社としても目標や達成度というばらついていたものを一元化して統一評価にしようという動きは何度かありましたが、結局どれも上手くいかずじまいでした。


サイバーエージェントのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

残業を強制する雰囲気は全くありません。帰りたい人は定時になればさっさと帰るというのもよくありました。しかし、何かとミーティングが多い会社なので、1日の自分の仕事の作業量は定時内にはほぼ終わることはありませんでした。なので、私は常に残業をしていました。みなし残業性なので残業代が支払われることはありません。私が在職中に定時退社したのは、数えるほどしかありませんでした。ミーティングが多すぎて、自分の仕事の時間が取れずに残業したり、残業代が支払われない点が不満の理由です。


サイバーエージェントの福利厚生

福利厚生の満足度:どちらでもない

一般的な福利厚生はあると思いますが、特に充実しているという雰囲気もありませんでした。家賃補助も会社近くに住めば月々一定額が支払われるというもので、そもそも会社近くは地価が高いので差し引いてゼロ、強いて言うなら利点はタクシーですぐに帰れるくらいでした。一定期間勤務すれば、長めの休暇を取ることができるという制度もありました。こちらはきちんと消化するようにという指示があり、この制度を使用している人はしばしば見受けられました。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはホワイト?ブラック?:ブラック企業

確かにやりがいも感じることができ、そこそこの給料がもらえる会社だとは思いますが、残業代が支払われないシステムや昇格の属人性など、まだまだ福利厚生的には発展途上の企業である気がします。その分チームの一体感や、声をあげてきちんと実現性を持たせれば自分のやりたいことをできるという環境はあるので、若手のガッツのある人や成長機会が欲しい人にはとてもいい企業だと思います。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:プロダクトマネージャー
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年8月20日

サイバーエージェントへの入社理由・志望動機

サイバーエージェントの志望理由:働いている先輩がいきいきしていたから

大学生の頃就活している際、私は先輩のいる会社を片っ端から受けるという活動をしていました。なので商社、メーカー、不動産など様々な業種を受けました。その中の1つがサイバーエージェントだったのですが、そこで働く先輩は若くして自分主体で働いており、とても仕事を楽しそうにしていました。自分もそうなりたいと思い選びました。


サイバーエージェントでの年収・給料:600~699万円

年収への満足度:どちらでもない

新卒で入社したタイミングでは初任給が高く、良い会社です。ですが、大手の一般企業と比べると上がり幅が少なく、30歳を超える頃には追い抜かれるというのが目に見えています。また、年俸制のため基本的にはボーナスがなく、ここ数年は出ていないと聞いております。私も1年目、2年目の頃はボーナスをもらったのですが、3年目はもらえなかったので少し悲しかったです。年俸制のため期待はしてはいけないのですが、やはり毎年出るか出ないかそわそわするのは、精神的によくありませんでした。


サイバーエージェントのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

基本的に若い会社なので、仕事第一の人が多いです。また、役員陣や事業部長レイヤーの方もその傾向が強いため、家族やプライベートを優先する働き方をしようとすると少し仕事がしにくい印象です。もちろん様々な対策や女性向け支援なども行っていますが、全体的には世の中から遅れています。みなし残業代が最初から組み込まれた年俸制なので、いかに業務を効率化させるかをよく考えていましたが、どちらかというと会社としては多くの時間働くことを求める体質です。


サイバーエージェントの福利厚生

福利厚生の満足度:不満

メガベンチャーという位置づけもあり、創業からまだ浅いこともあるため、福利厚生に対してはあまり制度が整っていないです。特に子育て系の支援や結婚後の支援などに関してはまだ該当者は多くはいないので、整っていない印象があります。私は転職をし、別の会社に勤めていますが、転職先はこういった制度がとても整っているため、どうしても比較するとサイバーエージェントの制度には不満を感じてしまいます。ですが、今後はより良くなると思います。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

仕事のやりがい、福利厚生、給料という様々な観点から考えると、ホワイト企業だと思います。若い頃から「自分で考えて仕事を創り出すことが大事」ということを教えてもらえるので、単にこなす仕事が少なく、成長実感はとても感じられる企業です。もちろん会社に与えられた仕事をやるだけの人もいて良いと思いますが、日本の成長のためには、自ら仕事を創れる環境があるのは素晴らしいと思います。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 勤務地:東京都
  • 性別:男性
  • 年代:30代後半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:エンジニア
  • ステータス:在職中
  • 評価:★★★☆☆
公開日:2020年4月13日

サイバーエージェントでの年収・給料:900~999万円

年収への満足度:とても満足

平均よりは高い給与だと思います。職業柄、繁忙期はなかなか休みが取れないこともあるようですが、それでもそれに見合った給与をいただいているので、妻としては不満はありません。旦那が実際どう思っているか分かりませんが、仕事を続けているので本人もある程度は満足しているのだと思います。


サイバーエージェントのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらとも言えない

休暇は取りやすい職場で出勤も自由の利く会社のようなので、ワークライフバランスについてもそこまで不満はありません。ただ、繁忙期はやはり忙しそうで残業が続いたり、なかなか休みが取れないこともあるようですが、そういう仕事なので仕方ないのかなと思っています。また、休暇だけでなく、子供の行事が平日にある場合は休みを取れるような制度もあるので、それはとてもいいなと思っています。基本的にワークライフバランスについて不満はありません。


サイバーエージェントで今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:どちらとも言えない

旦那が他にやりたいことがあったり、転職したいと考えているならその考えを尊重したいと思っています。ただ、福利厚生や給与、働き方などは自由の利く仕事なので、妻としては今の仕事を続けて欲しいと思う部分もあります。繁忙期の残業が多いのが気になりますが、その分給与ももらっているため、本人が今の職場と働き方に満足しているのであれば私からは特に要望はないです。なので、仕事や旦那自身のことについては、基本的には本人の考えにしたがっていこうと思っています。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

(奥様にとって)サイバーエージェントはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

休みの融通が利いたり休暇も取りやすい環境というのは、今の日本ではかなりホワイトな企業だと思います。実際に有給を取っている社員さんも多いようで、自分のスタイルで仕事をさせてもらえるのはいい会社だなと思います。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★★
公開日:2019年6月20日

サイバーエージェントへの入社理由

入社理由・志望動機:日本のIT業界を代表する会社だから

2000年に入り、日本のIT業界は大きく躍進してきたそうですが、その中でサイバーエージェントもたくさんの功績や事業を成し遂げているとのことで新卒ながらに興味と夢を抱き志望しました。また、日本を代表するIT業界の会社ということで、大手だからこそできる大きな仕事にも挑戦させてもらえるかなと思い強く志望したのを覚えています。また、就職説明会でも社員さんの熱い気持ちや言葉を聞いて、この会社に対する憧れが強くなったのを覚えています。


サイバーエージェントで働いて良かったこと

働いてよかった点①:給料が良いところ

新卒にしては基本給がよく、大学時代の友人と話していても、この会社は本当に給与が良いのだなと感じました。基本給以外にもインセンティブや福利厚生が充実しているのでとても満足しています。また、仕事は忙しく残業も多いのは事実ですが、その分給与が良いので頑張れる部分もあります。

働いてよかった点②:福利厚生が充実している点

女性ならではの福利厚生や、家賃補助や昼食補助、交通費補助など、社会人として本当に助かる補助制度が多いのがとても嬉しいです。また、20代、30代の女性だからこそある健康面の悩みや、体調不良の際もその制度を利用することで気兼ねなくお休みをいただけたり、リフレッシュする機会をいただけたことにはとても満足しています。


サイバーエージェントへの不満

サイバーエージェントに感じた不満①:残業が多いところ

部署にも寄ると思うのですが、一言でいうととても激務で、とにかく仕事量が多いため忙しいです。ほぼ毎日残業しないと自分の仕事が終わらなかったり、社内での会食も多いので効率よく仕事をこなさないと残業ゼロにするのは不可能だと思います。ただ、その分有給は雰囲気的に取りやすいので、そこでカバーしている感じですが、人によっては残業まみれで土日も忙しそうにしている社員さんもいるようです。

サイバーエージェントに感じた不満②:ボーナスがないこと

先ほど、給与がいいので満足していると書きましたが、ボーナスがないため年収としてはそんなに多くはならないのが現状です。上場企業や他の会社でもボーナス時期が近づくと楽しそうにしているので、その点はとても羨ましいなと思います。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはブラック?ホワイト?:ホワイト企業

仕事は忙しく残業も多いですが、その分給与は良く、社内の風通しも良いのでホワイト企業だと思います。また、福利厚生も充実しており、要所要所でリラックスできるようなインセンティブもいただけるのでトータルすると十分にホワイト企業だと思います。

サイバーエージェントで働く上で相性の良い人:目的に向かって自走できる人

社員全体が熱くて体育会系的なところはあるのですが、共通しているのはそれぞれに与えられた目標に向かって自走し続けているからです。忙しいことやうまくいかないこともありますが、その時は上司がしっかりフォローしてくれるので、まずは自分で進んで仕事をやることが大前提に大事だと感じます。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:女性(仮名:KANONさん)
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:過去2年以内に在籍していた
公開日:2018年7月18日

サイバーエージェントに満足していること

働いて良かったと思う点①:人間関係

私がこの会社に就職したのは、先に入社していた同級生の誘いでした。(株)サイバーエージェントは今尚ベンチャー的な勢いとノリが強く、社員が有望だと予想した友人を誘い、入社まで繋げるという流れが比較的多い様子でした。途中入社の弱みを感じ、最初の数日は少々控えめに過ごしていましたが、まわりを見渡せばほとんどが途中入社。前職の経歴を生かした色とりどりの人材がいて、その佇まいもみんな個性的。いわゆるスーツをまとった「社会人風」とはイメージも遠く、話をしても面白い人が多かったです。

働いて良かったと思う点②:評価制度

まず何よりの魅力だったのは、社員一人一人を尊重してくれるという会社の姿勢でした。小さなミッションをクリアすることで、表彰される機会が多かったのも魅力でした。部署ごとに全力で企画したイベントにて表彰をうけたり、トロフィーをもらったり、頑張る人はあまねく評価を受ける。こんな社風にとても喜びを感じました。つまり、入社後すぐにでも、結果次第では頑張りを全員にみてもらえる、発表させてもらえる。これが二番目に満足していた点です。


サイバーエージェントへの不満

サイバーエージェントに対しての不満①:年収・給料

ベンチャーあがりのITというと、社員の年収も高いのかと思われがちですが、それはあくまで各取締役、子会社の社長、役員レベルのお話だと思います。入社すぐの若い社員とあれば、その年収は他の企業と並ぶレベル。そのかわり、実費での付き合いも多く、華やかな人間関係についていくのはなかなか大変なものがありました。また、残業や休日出勤もザラにある会社のため、時給換算すれば決して高くないこと。渋谷という立地のため、お昼ご飯代にもお金がかかることが大変でした。

サイバーエージェントに対しての不満②:ワークライフバランス

サイバーエージェントは、渋谷マークシティのビルに入っています。いわゆる「サイバー村をつくろう」という魂胆のもと、社員には、渋谷から5駅以内に住むことを推奨していました。5駅以内の物件であれば一部家賃補助もでるという徹底ぶりだったため、私自身も田園都市線沿いに住んでいました。しかしそれは、あくまで「仕事をベースに暮らすため」だったのかもしれません。遅くなってもタクシーで帰られる。家から会社が近ければ、時間が空けばデスクに寄れる。これが故、休日もなんだか気が休まらないという時期がありました。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはブラック?ホワイト?:ブラック企業

働いた時間、そして評価を受けたいと頑張るあまりプレッシャーを感じすぎてしまうこと。働く者それぞれの受け止め方かもしれませんが、私の場合は時給換算しても決していいお給料だとは言えなかったこと。にも関わらず、気をぬくことは許されません。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:男性(仮名:やすさん)
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
公開日:2018年6月10日

サイバーエージェントに満足していること

働いて良かったと思う点①:社風

ベンチャー企業特有の上下関係が少なく、やりたいことをやりたいようにやらせてくれる会社です。仕事のやり方から服装まで何もかもが自由で、結果を出せばどんどん昇進できるところがとにかく魅力です。私自身、未経験で入社して半年でチームリーダーを任されたことには驚きました。年齢層が若いこともあり、立場を気にせず自己主張が出来る人が多いです。周りに流されるのではなく、自分の力を試したいと思っていたのでまさにピッタリの環境です。

働いて良かったと思う点②:仕事のやりがい、面白み

全くの未経験で入社したため、入社当時は毎日が勉強でした。業界柄、24時間365日で広告は配信されていますので日々新しいことが起こります。慣れるまでは大変でしたが、その分自分の知識になると肌で感じることになりましたし、自信にも繋がりました。大きな成果を出した際には直接クライアント様にお褒めの言葉を頂いたり、社内では毎月表彰を行っているのでMVP賞を頂いたりと喜びが倍になりました。大勢の前でのスピーチは少し緊張しましたが、それだけ多くの方に祝福して頂くことはそうそうないので貴重な経験となりました。


サイバーエージェントへの不満

サイバーエージェントに対しての不満①:ワークライフバランス

インターネット業界ということもあり、いつ何が起きるか分からないので休みが仕事になることがよくありました。平日も定時で帰る人はほとんどいないのでプライベートの時間はかなり少なかったように思います。夏休み中も有休中もパソコンは常に手元に置いておかなければならなかったのでオンオフをつけることが出来ない仕事でした。そのせいか離職率は高く、仕事が本当に好きな人だけが生き残れる環境だと感じました。私自身、繁忙期に深夜3時頃まで作業をすることは多々ありました。

サイバーエージェントに対しての不満②:年収・給料

基本給は高い方だと思います。ただ、残業代、ボーナスはありませんので労働時間から考えると正直少ないように感じました。査定面談があり、自分の上げた成果を自己精査、アピールをし、給与アップを行うという制度もあるので基本給UPは出来ます。その反面で休日手当や残業手当は一切ありませんので労働時間が長い環境ではかなり辛いところがありました。顧客側の要望で残業や休日に仕事を行っているのに手当がないのには不満に感じました。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはブラック?ホワイト?:ホワイト企業

正直ブラックかホワイトかを決めるのは難しいです。この仕事が好きな人にとってはどんどん成長でき、昇進も出来るのでホワイトです。労働時間は多少長かったですが、私は好きな仕事でしたのでブラックであるとは感じませんでした。

どのような人にとってブラック企業?

休日関係なく拘束されることになるので仕事とプライベートを両立したい人にとってはブラック企業だと感じるかもしれません。休日にかかわらず顧客の要望には応えなければいけませんでした。休暇で海外に滞在していた方が時差があるにも関わらず夜中にテレビ会議を設定されていたという話も聞いたことがあります。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:女性(仮名:クッキーさん)
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業事務
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
公開日:2018年6月10日

サイバーエージェントに満足していること

働いて良かったと思う点①:社風

渋谷駅からすぐのマークシティにオフィスがあり、通勤も便利でした。マークシティ内の複数フロアがサイバーエージェントなのですが、各フロアに無料のドリンク(自動販売機)が完備されており、ちょっとした息抜き等にも重宝してしました。仕事はハードでしたが、細かい部分で社員のことを考えた設備になっており、そういった点では非常に働きやすい環境だったといえます。また、年齢層も若いので、同年代の人ばかりでみんな和気あいあいと仕事をしていました。

働いて良かったと思う点②:年収・給料

決して楽な仕事ではなく、他部署やグループ会社とのやりとりも多いので常にChatWorkを見張っている、といった毎日でしたが、最低限残業代は必ず出ますし、固定給も高めだったので、そういった点では満足していました。勤続年数に関わらず、各部署ごとにMVPの評価制度があり、これは正社員の他、派遣社員も対象だったため、非常に幅広い人達が評価対象になることができ、誰もがやりがいを感じられる給与制度だったと思います。


サイバーエージェントへの不満

サイバーエージェントに対しての不満①:ワークライフバランス

やはり毎日の残業や普段の仕事中でも、常に時間に追われ、更にイレギュラー事項が発生し、その対応にも追われてしまうことは一番の強いストレスでした。定時で帰る人などほぼ0で、遅いときには深夜終電もなくなり、タクシーで帰るといったこともありました。もちろん休日出勤もありました。部署にもよるとは思いますが、忙しく、人手の足りない部署ですと、そういった事態に陥ってしまうことも日常的にあるので、そういった点は最も不満に感じました。

サイバーエージェントに対しての不満②:仕事のやりがい、面白み

前述したとおり、とにかく慌ただしかったので、評価制度や休憩スペースがあるとはいえ、毎日の忙しない業務の積み重ねはとても大変でした。他部署・グループ会社とのコミュニケーションをChatWorkで行っており、他社以外との連絡は全てChatWorkで済ませていたため、少し目を離していると用件がたまってしまい、対応に追われる、という状態のため、休憩時間も好きな時に取れるわけではなく、毎日タイミングを見計らっての休憩でした。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはブラック?ホワイト?:ブラック企業

いわゆる労働基準法に違反しているブラック企業、ということではないですが、激務の為、社員の入れ替わりが激しいです。業務内容を見ると、あまり長く続けられる人も少ないので、ブラック企業ということになると思います。

どのような人にとってホワイト企業?

激務でも柔軟に対応できるタフな人であれば、給与はきちんと頂けるのでホワイトに感じると思います。また、代理店という立場上、クライアントとの板挟みになってしまいますが、そういった人間関係を苦に思わない人は、相性がいいと思います。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:男性(仮名:とこナメさん)
  • 年代:30代
  • 雇用形態:契約社員
  • 職種:アフィリエイト局
  • ステータス:過去3年以内に在籍していた
公開日:2018年2月27日

サイバーエージェントに満足していること

働いて良かったと思う点①:仕事のやりがい、面白み

部署内での表彰制度があるため、努力に対して報われた感が非常にあると思う。大きい案件を手掛けた際、ある程度の売り上げを確保する事が出来れば表彰の対象となる場合が多く、また場合によっては全社での表彰もある。私の場合はアフィリエイト局内での表彰しか経験が無かったが、多少仕事が大変な場合でも、回りから称えられる嬉しさから頑張る事が出来るのと結果さえ出せれば非常に居心地の良い会社なので、ある意味分かりやすいと思う。

働いて良かったと思う点②:人間関係

まず人間関係では、明るくて接しやすい人が多いというのが非常にやり易かった。インターネット関連の仕事だと、偏執的な人が一定数存在しているというイメージが強く、一緒に仕事する人の人間性で業務に対するストレスが変わってくると思う。分からない事や出来ない事を部署内で共有したり、協力して業務を進める事により、皆で協力しあって案件を進めるという事が出来たので人間関係については非常に恵まれている会社ではあると思った。


サイバーエージェントへの不満

サイバーエージェントに対しての不満①:ワークライフバランス

勤務する時間が長いのがマイナス要素だと思う。週末は休みだが平日に自分の時間というものを作る事が非常に難しく、趣味のある人間にとっては大きなストレスになるのではと思う。私の場合はジム通いが趣味になっているので、時間的に平日ジムに通う事が出来ないというのは非常にストレスだった。日によっては早く仕事を終える事もあるが、事前に予想を付ける事が難しいので平日に予定を建てる事が中々出来なく、仕事中心の生活になってしまう。

サイバーエージェントに対しての不満②:個人としての成長・スキルアップ

何か特定のスキルを駆使して進めるような仕事では無かったので、勤務を続ける事により業界で通用するノウハウが蓄積される訳ではなく場合によっては、会社を辞めた後は全く役に立たないという場合もあると思う。プログラマーやシステムエンジニアであれば、開発のスキルやノウハウが役に立つとは思うが、営業的な立ち位置で仕事をしている場合には役に立つスキルというものを身に付けるにはあまり向いていないのではと思う。(業種による部分もあり)


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはブラック?ホワイト?:ホワイト企業

勤務時間については長いが強要されて働かされているという感はあまり無く、社内の雰囲気も良いと感じるため。インターネット関連の企業の場合、歴史の浅い会社が多いためか無茶苦茶な上司や問題人物などが多いケースがあるが、この会社はそうでも無いように思う。

どのような人にとってブラック企業?

あまり自分から考えを持って働く事が出来ない人(言われた事のみ行う人)や、コミュニティに上手く溶け込めないような人が向かないのではと思います。また、雰囲気の暗い感じの人は面接の時点で落とされているのかあまり配属される事が無く、会社としても向いている人中心に雇用しているように思う。

  • 勤務先:サイバーエージェント
  • 性別:女性(仮名:たむさん)
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:アカウントプランナー
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
公開日:2018年2月27日

サイバーエージェントに満足していること

働いて良かったと思う点①:個人としての成長・スキルアップ

総合職で入社したため技術的には分からないことだらけでしたが、疑問が湧いたとしてもデザイナー・エンジニアの方との距離が非常に近く、いつでも聞くことが出来たり、勉強会なども頻繁に行われていたため、どこでもやっていけるようなスキルが身についたと思います。また、チームで働くことが多く、助け合うことが当たり前だったため、自分だけのノルマに捉われることがなく、チームの為に思いっきり働くことが出来た為、精神的な成長もありました。

働いて良かったと思う点②:会社の成長性

半期に一度、全社総会があり、その総会の規模感やクオリティーや各社の成果を見ていると、会社としての成長性を非常に感じました。また、全社総会以外にも各局の表彰や飲み会を始め、社員の誕生日を毎回祝う風土、ポスターを作成してプロジェクトを盛り上げるなどもあり、局単位でも非常に活発で盛り上がっている様子が日々の業務からも感じられました。全社としても、子会社としても、今後成長性のある会社であるのは間違いないと思います。


サイバーエージェントへの不満

サイバーエージェントに対しての不満①:ワークライフバランス

仕事に熱心な人、やりがいを感じている人が非常に多いので、その環境の中で自分だけが毎日早く帰るなどはなかなか出来ない環境だと思います。子供がいる社員などはたまに早く帰ることはありますが、プロジェクトによって繁忙期があり、案件数によってそれだけ忙しい時期が多いので、定時に帰るなどはなかなか出来ませんでした。また、社内での部活動や飲み会なども盛んなので、完全なプライベートという時間は少なかったように思います。

サイバーエージェントに対しての不満②:評価制度

自分に対してではありませんが、やはり全社として注目をされたり評価をされる人は人数が増えるにつれて、割合が減っており、頑張っていても目立った成果や、自分に目を向けてくれる先輩社員が全社的に声の大きい人などでないと、なかなか注目されにくいとは思います。また毎年大量の新卒も入ってくるので、そういった新卒にはもちろん全社的に目を向けられるので、入社してから年々チャンスが減っていくのは仕方ないですが課題かと思います。


サイバーエージェントはホワイト/ブラック?

サイバーエージェントはブラック?ホワイト?:ホワイト企業

基本的に無茶なノルマや理不尽に上司に怒られることはなく、自分でも全力で頑張れていなかった、中途半端な事をしてしまったという自覚がある場合しか、叱られるということはありません。給与体系も基本一定なのでブラックな要素は感じませんでした。

どのような人にとってブラック企業?

お金を稼ぐために働くという人は基本的に合わないと思います。何か成し遂げたいことがある人や、一緒に働きたい人がいる、成長したいという気持ちがある人じゃないと途中で周りの社員との温度差から、働くことがしんどくなると思います。

サイバーエージェントの口コミ・評判掲示板


名無しさん
サイバーエージェントに実際に勤務している方、勤務していた方へ。

サイバーエージェントの評判はどうですか?サイバーエージェントの社風や雰囲気・人間関係について語り合いましょう!ボーナスや年収の上がりやすさなどについてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



【15秒で完了】カンパニー通信アンケートご協力のお願い(抽選でAmazonギフト券プレゼント)

約15秒で完了する簡単なアンケートです。ご協力いただいた方の中から毎月Amazonギフト券が当たります。しかも一度ご協力いただくと…続きを見る


サイバーエージェントの基本情報

  • 会社名:株式会社サイバーエージェント
  • 本社所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
  • 従業員数:1,509名
  • URL:https://www.cyberagent.co.jp
このページに掲載されている企業の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、こちらのお問合せフォーム(送信専用)からお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

PAGE TOP ↑