カンパニー通信のアンケートにご協力ください(約15秒)回答する

口コミから見た、シンガポール航空の評判は?

カンパニー通信に投稿された、シンガポール航空で働いている人(直近まで働いていた人)の口コミをご紹介します。シンガポール航空の評判を知りたい方はぜひご覧ください。

目次

シンガポール航空での年収は?
シンガポール航空のワークライフバランスへの満足度
シンガポール航空で働いて満足していること
シンガポール航空で働いて不満に感じていること
シンガポール航空はブラック企業?ホワイト企業?
シンガポール航空の口コミ・評判一覧

Q.シンガポール航空での年収は?

評価:★★★★★ 20代(女性)・客室乗務員・契約社員

600~699万円 ( とても満足 )

ひと月に約4~6本程度フライトがありましたが、一つ一つのフライトの後は、十分なお休みをいただけていました。3日間のフライトの後は、1日から2日のお休みがあり、7日間のロングフライトの後は、3日から4日間の長期のお休みがありました。このように、十分なお休みをいただきながらも、高水準なお給料をもらえていたのでとても満足していました。また、外資系航空会社には珍しく、6月、9月、12月に年三回のボーナス支給もありました。

シンガポール航空の評判・口コミ
公開日:2020年10月
カンパニー通信では、シンガポール航空の口コミを募集中です。

シンガポール航空の口コミを投稿する

Q.シンガポール航空のワークライフバランスへの満足度

評価:★★★★★ 20代(女性)・客室乗務員・契約社員

とても満足

一つのフライトが終わると、そこで仕事は終わりで帰宅できるため、残業というものは一切ありません。フライトで一緒に仕事をするメンバーが毎回違うため、いつでも新鮮な気持ちでフライトに挑めて、会社内の人間関係で悩むこともほぼありませんでした。フライト後のお休みには、ジムやヨガ教室へ行って身体を鍛えたり、同期とオフの日を合わせてご飯や旅行に行きました。仕事とプライベートを両方とも充実させることができ、大変満足しています。

シンガポール航空の評判・口コミ
公開日:2020年10月
カンパニー通信では、シンガポール航空の口コミを募集中です。

シンガポール航空の口コミを投稿する

Q.シンガポール航空で働いて満足していること

30代(女性)・客室乗務職・契約社員

年収・給料

私のいたキャビンアテンダント業界の中ではトップクラスの高給与だったからです。もちろんそのぶん仕事(サービスの内容、合計フライト勤務時間)は質・量ともにハードで、深夜・早朝勤務もあり肉体的には大変でしたが、月に少なくとも30万円を切ることはなく、多い時で50万円ほどあり、平均40-45万円ほど頂いていました。それとは別に年に2,3回(会社の業績による)のボーナス支給もあり、年収でいうと600万円くらいはあったと思います。

シンガポール航空の働きやすさ・評判は?
公開日:2017年10月

30代(女性)・客室乗務職・契約社員

ワークライフバランス

ライフスタイルが非常に気に入っていました。不規則で早朝や深夜、ときにはオーバーナイト(徹夜)フライトをこなすこともあるぶん、お休み自体は他業種よりも多かったです。まるまる1日オフの日が月に10日は保証されていました。そのほかにもフライトが深夜からの時は夜まで実質オフのようなものですし(当然事前に仮眠しておかなければならないので遊びまわることはできませんが)、早朝に帰着すればその日の残りと翌日のオフを合わせれば2連休のようなものです。またステイ先での時間も自由なので、様々な土地で旅行気分で過ごすことができとても満足でした。

シンガポール航空の働きやすさ・評判は?
公開日:2017年10月
カンパニー通信では、シンガポール航空の口コミを募集中です。

シンガポール航空の口コミを投稿する

Q.シンガポール航空で働いて不満に感じていること

30代(女性)・客室乗務職・契約社員

評価制度

キャビンアテンダントの評価は、フライト中上司にあたる別のクルーから抜き打ちで行われるインフライト・チェックリポートというシステムと、年に一度の緊急脱出訓練や救急救護訓練、年に数回のスーパーバイザーとのチェックフライトがありました。シンガポールの航空会社なので、当然評価する側はシンガポール人です。特にサービス面に関しては、日本人と感覚がかなり違う部分があり、私たちが日本人乗客のニーズを意識して行うサービスに対して理解が得られず、批判されることもあり、納得がいかないことも多くありました。

シンガポール航空の働きやすさ・評判は?
公開日:2017年10月

30代(女性)・客室乗務職・契約社員

個人としての成長・スキルアップ

日本人クルーはあくまで外国人クルー扱いなので、ローカル(シンガポール人やマレーシア人)クルーと比べると、スキルアップや昇進の機会が限られていました。外国人クルーは昇進できる人数やランク、参加できる仕事に制限があります。先輩たちが自身の成長を感じられず辞めていく中、会社はただ新人を大量採用し続けるだけ。言い方は悪いですが、”若くて綺麗なうちにとにかくたくさん働いてもらおう”という雰囲気を感じずにはいられなかったこともあります。

シンガポール航空の働きやすさ・評判は?
公開日:2017年10月
カンパニー通信では、シンガポール航空の口コミを募集中です。

シンガポール航空の口コミを投稿する

Q.シンガポール航空はブラック企業?ホワイト企業?

評価:★★★★★ 20代(女性)・客室乗務員・契約社員

ホワイト企業だと思う

シンガポール航空では3年以上働いていましたが、その間不満に思うことはほとんどありませんでした。むしろ、このような恵まれた環境で働けていることに常に感謝していました。仕事も楽しく、お休みも十分にいただけて、お給料の水準も高く、本当に充実していたと思います。一番に社員が幸せだからこそ、心からのおもてなしのサービスができ、そのことがシンガポール航空の高い評判に繋がっているのだと思います。さすが、世界トップクラスのサービスを誇る航空会社なだけあるなという感じです。

シンガポール航空の評判・口コミ
公開日:2020年10月

30代(女性)・客室乗務職・契約社員

ホワイト企業だと思う

航空業界屈指のハイクオリティーサービスを謳っているだけあって、キャビンアテンダントの負担は相当のものですが、その分見合った対価が支払われているので、ブラックだとは思いません。体調管理に気を配り、割り切って働けば、楽しんで稼げるホワイト企業だと思います。

シンガポール航空の働きやすさ・評判は?
公開日:2017年10月
カンパニー通信では、シンガポール航空の口コミを募集中です。

シンガポール航空の口コミを投稿する

シンガポール航空の口コミ・評判レポート

シンガポール航空

評価:★★★★★ 20代(女性)・客室乗務員・契約社員

年収・給料:600~699万円

ひと月に約4~6本程度フライトがありましたが、一つ一つのフライトの後は、十分なお休みをいただけていました。3日間のフライトの後は、1日から2日のお休みがあり、7日間のロ…続きを読む

ワークライフバランス

一つのフライトが終わると、そこで仕事は終わりで帰宅できるため、残業というものは一切ありません。フライトで一緒に仕事をするメンバーが毎回違うため、いつでも新鮮な気持ちでフ…続きを読む

福利厚生

自社便の航空券と提携した他社便の航空券を社員割引で安く使うことができ、さらに年に一度、無料の航空券を使う権利も自分と親に与えられていました。そのため、両親や同期と様々な…続きを読む

ブラック/ホワイト

ホワイト企業だと思います。シンガポール航空では3年以上働いていましたが、その間不満に思うことはほとんどありませんでした。むしろ、このような恵まれた環境で働けていることに常に感謝していました。仕事…続きを読む


続きを読む

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


シンガポール航空

30代(女性)・客室乗務職・契約社員

満足している点:年収・給料

私のいたキャビンアテンダント業界の中ではトップクラスの高給与だったからです。もちろんそのぶん仕事(サービスの内容、合計フライト勤務時間)は質・量ともにハードで、深夜・早…続きを読む

不満な点:評価制度

キャビンアテンダントの評価は、フライト中上司にあたる別のクルーから抜き打ちで行われるインフライト・チェックリポートというシステムと、年に一度の緊急脱出訓練や救急救護訓練…続きを読む

ブラック/ホワイト

ホワイト企業だと思います。航空業界屈指のハイクオリティーサービスを謳っているだけあって、キャビンアテンダントの負担は相当のものですが、その分見合った対価が支払われているので、ブラックだとは思いま…続きを読む


続きを読む (2,212文字)

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


PAGE TOP ↑