モンテ物産の働きやすさ・評判は?

2019/03/13

このページではモンテ物産にお勤めの方に、モンテ物産の働きやすさについて、伺いました。お話の中で「扱う商品が楽しい」「時代の波についていけていない」など、働いている人ならではのリアルな口コミ・評判、またモンテ物産はブラックか、ホワイト企業か?についても教えていただきました。

※画像は各企業HPより引用しております

回答者プロフィール

  • 勤務先:モンテ物産
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:総合職
  • ステータス:現在も在籍している

モンテ物産で働いて良かったこと

--まず、モンテ物産で働いて良かったと思う点について教えてください。

モンテ物産で働いて最も満足しているのは扱う商品が楽しいところです。

--具体的に教えてください。

イタリアから美味しい食材やワインを輸入しているので、日頃から美味しいものに囲まれて仕事ができる点に満足しています。お客様はイタリア料理のレストランが多く、普段からグルメなものに接する機会が多いです。スタッフと一緒にお客様のレストランへお食事に行くこともしばしばあり、くいしんぼうには最高の職場だと思います。

スタッフ同士の仲が良い点にも満足

--ほかにも、モンテ物産で働いて良かったと思う点はありますか?

スタッフ同士の仲が良い点です。風通しが比較的よく、スタッフ同士が言いたいことを言い合える雰囲気があるところが良いかと思います。オフィスは30~40歳台の社員が中心で、みんなで話し合いながら仕事を進めていける環境です。もちろん、役員への稟議など大変なことも多くありますが、スタッフが前向きに意見交換しながら仕事ができる社風があると思います。

モンテ物産への不満を挙げるなら?

--一方で、モンテ物産に対し、不満に思っていることはありますか?もしある場合は、最も不満に感じていることから教えてください。

時代の波についていけていないところです。

--詳しく教えてください。

外食業界は人手不足や働き方改革で大きく環境が変わっていっています。イタリアから本物の味や商品を輸入して、日本にイタリアの食文化を啓蒙していくことが会社の使命と考えているのですが、一方でマーケティング的な発想に疎く、世の中のニーズを捉えることができず、流れについていけていないのではと感じることがしばしばあります。

--他にも不満に感じていたことはありますか?

業界の将来性が弱い点です。外食業界はこれから、人口減少社会において先行きがとても厳しくなることが予想されています。現在の主軸である食材とワインの他に、新しく柱となるようなビジネスを立ち上げていく必要があるように思います。しかし、現状そのような動きはなく、10年後、20年後の将来性について疑問を持っている社員も多いと思います。

モンテ物産はブラック?ホワイト?

--あなたにとって、モンテ物産はブラック企業だと思いますか?それともホワイト企業だと思いますか?

ホワイト企業だと思います。ホワイトとも言いにくいのですが、世に言うブラック企業とは言えないのではないかと思います。もちろん人と人がコミュニケーションを取る中でハラスメントがないか言えばそうではないですが、ブラックと言うほどのものではないと思います。

--ではモンテ物産で働く上で相性の良い人はどのような人だと思いますか?

コミュニケーション能力のある人です。

商社であるので絶対的なブランドのある商品が少ないので、特に営業の方はお客様とのコミュニケーションが取れるかどうかで仕事の成果が大きく変わります。また、仕事を円滑に進められるような社内でのコミュニケーションも大切な要素だと思います。


モンテ物産の基本情報

  • 会社名:モンテ物産株式会社
  • 本社所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目52番2号 青山オーバルビル6F
  • 設立:1977年12月20日
  • URL:http://www.montebussan.co.jp
 

関連する会社の口コミ・評判一覧

       
ストライプインターナショナルの働きやすさ・評判は?

このページではストライプインターナショナルにお勤めの方に、ストラ

D&Iパートナーズの働きやすさ・評判は?

このページではD&Iパートナーズにお勤めの方に、D&Iパートナー

長野精工の働きやすさ・評判は?

このページでは長野精工にお勤めの方に、長野精工の働きやすさについ

ココカラファイン
ココカラファインの働きやすさ・評判は?

このページではココカラファインにお勤めの方に、ココカラファインの

バイク王&カンパニー
バイク王&カンパニーの働きやすさ・評判は?

このページではバイク王&カンパニーにお勤めの方に、バイク王&カン

→もっと見る

PAGE TOP ↑