成学社の評判・口コミ

このページでは、成学社の従業員・元従業員・奥様から投稿いただいた口コミ情報を掲載しています。成学社の年収やボーナス、福利厚生、ワークライフバランスなどの評判をチェックしてみましょう。

最終更新日:2021/03/29

口コミ一覧
気になる口コミをクリックすると、内容をご覧いただけます
※画像は各企業HPより引用しております

  • 勤務先:成学社
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:教室運営責任者
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2021年3月29日

成学社への入社理由・志望動機

成学社の志望理由:当時の社長の教育論に感銘を受けたから

内定者説明会に参加した際、当時の社長からなぜ塾を創設したのか、そのエピソードを話していただきました。自分が学生だったころ、塾のアルバイトをされていましたが受験に失敗し、どちらかというと落ちこぼれた学生だったようです。ただ、塾で先生として子供たちに教えることで定期テストの点が上がったり、先生のおかげで勉強が好きになったと言われて、こんな自分でも生徒や保護者からお礼を言われたのがたまらなく嬉しかったとのことでした。その話を聞いて、塾講師の仕事はすばらしい職業だと感じ、またその精神で会社を立ち上げられた社長の気持ちに胸を撃たれ、入社を希望しました。


成学社での年収・給料:400~499万円

年収への満足度:不満

入社して初めのころは仕事も落ち着いており、教育という好きな職業をしながらしっかり給料をいただけていたので満足していました。しかしながら、年数を経て思いのほか昇給のスピードが遅いのを感じるようになりました。歴を積むごとに仕事の振られる量や会議などで残業時間、休日出勤が増えていき、勤務内容とお給料のつり合いがとれていないことに不満を感じるようになりました。また、評価基準も結局生徒数などの営業職みたいな感じになり、実績が悪いとより昇給がしにくい状況になったので不満がありました。


成学社のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

そもそも夜の時間帯のお仕事ですから、どうしても生活リズムや食生活のバランスは悪くなりました。やや会議が多く、朝から出勤することもしばしばあり、1日の拘束時間はかなり長いと思います。授業が終わってからも掃除や丸付けなど何かと雑務に追われるので、なかなか定時に終われたことはありません。さすがに何とか日付が超えるまでには仕事を終わらせようと頑張っていました。学校が休みになる講習時期が特にハードで、連日朝から晩まで授業している週があり、意外に体力仕事です。


成学社の福利厚生

福利厚生の満足度:不満

正直言って何もなかったように感じます。一応、飲食店と少し提携があり、社員割引があったようですが一度も使いませんでした。というのも、本社が大阪でその近辺しか対象がありません。そして、勤務地が大阪ではなかったので、わざわざ利用しにいかないといけないというところでメリットはとても少なかったです。ベネフィットステーションという福利厚生のツールがあったのですが途中で打ち切られてしまい、その後は職員の子どもを自分の塾に通わせたときの割引しかなかったように思います。


成学社はホワイト/ブラック?

成学社はホワイト?ブラック?:ブラック企業

やはり残業時間の長さが目立つからです。仮に純粋に超えた残業時間をサービス残業だとして削ったとしても、会議や研修など会社が指定したものを入れるとそれだけで結構な時間になりました。ですので、勤怠の申請に純粋な雑務での残業はほとんどつけたことがありません。また、休日出勤がとにかく多く、振替があるかというとほとんどないので、単純に休日が減っていく印象でした。

  • 勤務先:成学社
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:学習塾講師
  • ステータス:過去3年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年11月10日

成学社への入社理由・志望動機

成学社の志望理由:職場環境の良さを感じたから

社員同士が和気あいあいとして、会議で頻繁にコミュニケーションをとっていたので雰囲気のよさが感じられました。教室では、生徒との距離感もほどよく、他愛もない話で盛り上げる関係性と授業になれば切り替えて、しっかり指導にあたれる職員の信頼感がありました。また、教室運営にもこだわりが感じられ、例えば教室には必ず工具セットが送られており、椅子のゆるみが出たら自身で直せるようにとのことでした。そうした足元のゆるみ一つから、徹底して通っている生徒保護者から満足を感じてもらえる職場づくりに、会社としての強い信頼感がありました。


成学社での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:不満

1~3年目あたりは特に不満を感じていませんでした。しかし、経験年数があがり、教室責任者を任されるようになってからは、やはり責任感や作業量が異なり、忙しくなりました。最初はそれでも充実していて、やり終えたあとの達成感がありましたが、徐々に給与と掛け合わせてどうも割に合わないと感じてくるようになりました。会社として決めている残業の下限も、もともと予定されている会議ですでにオーバーし、休日の出勤も増えてきたころから、もう少し手当を増やしてくれてもよいのではないかと不満に思っていました。


成学社のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

学習塾はどうしても夜の時間帯の業務で、夜遅くに帰宅することが続くので、決して良い生活ではありませんでした。その分、出社は人より遅いので、昼から教室へ出向くことになりますが、責任者を務めだしてからは会議が多くなり、どうしてもそれが午前中に入るようになりました。少しでも授業を減らしたり、業務を減らしてくれれば負担も変わったかもしれませんが、単純に追加追加の作業量になっていたので、退社する直前はすごく多い業務量をこなしていました。


成学社の福利厚生

福利厚生の満足度:不満

そもそも福利厚生と呼べるものはほぼありませんでした。交通費等の最低限の支給はもちろんありましたが、それ以外は特別ありませんでした。入社当時は、ベネフィットステーションを利用した外部の福利厚生との提携があったようですが、いつの間にか廃止になっており、その後は自社が子会社として持っている居酒屋の社員割引のみだったと思います。しかし、それも近くにはなく、簡単に利用できる距離にはなかったので、一度も使っていません。


成学社はホワイト/ブラック?

成学社はホワイト?ブラック?:ブラック企業

一つは「労働時間の長さ」です。午前中に会議があり、昼から教室に戻って、責任者として保護者と連絡を取りなら教室運営にあたり、夜は授業をこなします。また、公教育ではないので、生徒数や受講数など売り上げ等の営業側面も持っているため、その作業量は多岐にわたります。なかなか業務時間内には終わりません。二つ目は「休日出勤の多さ」です。学期の後半になると業務量が増し、どうしても休日出勤が増えます。それでも職員がたくさんいればカバーすることができたのでしょうが、そのときは適切な人数の職員がおらず、結果として連続出勤が続いていました。

  • 勤務先:成学社
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:塾講師
  • ステータス:過去3年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年8月13日

成学社への入社理由・志望動機

成学社の志望理由:過去に通っていて素敵な思い出があったから

中学時代にこの塾に通っていて、先生の授業に心打たれた経験がありました。科目指導だけでなく、人間として必要なこと、遅刻はしないなどの生活習慣や努力する素晴らしさ、共に頑張る仲間がいる喜びなど、たくさん教えてもらいました。子供に勉強を教えることが好きで、教育業界に携わりたいと思っていました。


成学社での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:満足

楽しみながら働かせてもらっていたので、お給料第一という考え方ではありませんでしたが、ある程度妥当な金額だったと思います。しかし、教室長になって役職がついても、微々たる昇給しかなかったことには驚きました。評価そのものが直接お給料の増減に関わっているという認識はあまりなく、年功序列な部分が大きかったように思います。年に数回、上司の方と面談があり、ボーナスの詳細など教えていただけたのはよかった点です。


成学社のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:不満

もともと13時半ー22時半という勤務形態であり、夜が遅い点から、仕事終わりに遊びに行ったり飲みに行くのは難しい業界でした。また、授業の予習をする時間は業務時間内にはなく、休日を丸1日使って授業構成や板書、解答解説の方法などを考える日々でした。土曜は必ず出社ですし、テスト前や長期休暇中、受験前は勤務時間がかなり増え、休日出勤も増えます。プライベートも満喫したいという人には塾業界は全くおすすめできません。


成学社の福利厚生

福利厚生の満足度:不満

有給や代休はあってないようなものです。自分が休んでも生徒は授業時間に来ますから、代わりの先生を探さなければいけません。実際には探すのは別の課の人ですが、その人の労力を考えると、簡単に休むとは言えない空気があります。毎週自分の授業を楽しみにしてくれている生徒へ、1回でも他の慣れない先生が相手するのを申し訳ない気持ちもありました。長期休暇中、特に夏期講習は1日8コマ担当したり、その合間に保護者へTELをするので、ご飯を食べる暇もないのが現状です。


成学社はホワイト/ブラック?

成学社はホワイト?ブラック?:ブラック企業

休日出勤しても代休を取れない空気があります。普通に出社するようでは時間が足りなかったので、出社時間よりかなり前に出社し、生徒へ配布するお手紙や掲示物など作っていましたが、ねぎらいの言葉はありませんでした。頑張る人は頑張る、サボる人はサボる、それを見放している風潮があり、できる人に仕事が偏っていましたが、会社として改善する様子は見られませんでした。

  • 勤務先:成学社
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:契約社員
  • 職種:講師
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年1月14日

成学社への入社理由・志望動機

成学社の志望理由:教員になりたかったため

もともと大学で教員免許状を取得していましたが、新卒一年目の教員採用試験に落ちてしまったため(そして次年度受験したとしても合格する自信がなかったので)、塾の業界で教育の勉強をしようと思い志望しました。他に一般職なども考えましたが、やはり教員になりたいなら教育業界に身を置いた方が毎日が勉強になっていいだろうと思い、この企業は関西ではそれなりに大きなところなのでエントリーしました。


成学社での年収・給料:200~299万円

年収への満足度:不満

仕事がきつい割にお給料が良くないなと思います。塾という特殊な環境上、出勤は昼前か昼過ぎで退勤が夜11時頃、場合によっては終電に間に合わないこともあるのにお給料がとにかく低いです。ボーナスもささやかどころか出ていないのと同義くらいの値段なので、アテにできません。また、仕事量が多く、出勤してからは忙しく走り回って一息つく時間もありません。月のお給料と自分の稼働時間から時給を出してみようと思いましたが、虚しくなりそうな気がしたので計算するのをやめました。


成学社のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらでもない

お給料は低く、仕事は激務でボーナスも出ていないようなものでしたが、それでもワークライフバランスについてそんなにネガティブには思いませんでした。私の場合は教員採用試験に合格するために教育業界で数年間武者修行をするくらいの気持ちだったので、いわゆる下積みの時期かなと思って耐えられました。実際、授業の進め方や子どもたちとの接し方には先輩社員から直接アドバイスをもらうこともでき、目的は達成できていたと思います。給料には納得がいっていませんでしたが、きちんと勉強はできる職場でした。


成学社の福利厚生

福利厚生の満足度:どちらでもない

すごく手厚い福利厚生が受けられるわけではありませんが、一応一般的な企業と同等程度の福利厚生はあったので特に不満に思ったことも、すごく感動したということもなかったです。一応は失業保険もかけることができ、社会保険にも入れて、年に二回は健康診断も受けていたのでそんなに悪くはなかったという気持ちです。しかし、そのあたりがきちんとしていたおかげで、それなりに安心して働けたのは喜ばしいことではありました。


成学社はホワイト/ブラック?

成学社はホワイト?ブラック?:ブラック企業

とにかく退職者が多いので、いわゆるブラック企業になるのだろうと思います。給料と業務内容に釣り合いがとれていないため当然と言えば当然ですが、社員同士の仲はそう悪くはなく、居心地も悪いとも思わなかったのでブラックだ!とは感じませんでした。ただ、やはり冷静に自分の職務内容と年収を考えると、本当はブラックだろう……としみじみ思うこともあります。

  • 勤務先:成学社
  • 性別:女性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:保育事業部管理栄養士
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★★
公開日:2019年9月19日

成学社への入社理由・志望動機

成学社の志望理由:自宅近くの保育園で募集していたから

保育園の栄養士として働きたいと思っていたところに、ちょうど自宅付近での募集があったので応募しました。栄養士として時間外業務になりがちな献立作成が本社統一献立のため必要ありませんので、業務内容にも無理なく取り組めると思い応募しました。休日は少なめですが、給料は同業よりは多少はよいと思ったことも志望動機の一員です。


成学社での年収・給料:300~399万円

年収への満足度:満足

同業のなかでは多少よい方だと感じます。ボーナスは少ないし、見込み残業性のため残業代も出ませんが、そもそも残業の必要があるほどの仕事量ではないので、定時で帰りたい人にはぴったりだと思います。実際働いている人たちも、残業して稼ぎたいというよりは早く帰りたい派の人が多いように思いますので、定時で帰りやすいです。最近で言えば、国からの処遇改善手当も冬のボーナスに反映されており、きちんと職員に還元されています。


成学社のワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

毎日定時で帰れるところはありがたいです。シフトも無理なく組まれており、特に厨房のシフトは当人同士の話し合いで決められるのでよほどの無理がない限りは、本人の希望通りに休めるので良いと思います。有給も消化できます。土曜日出勤もありますが、その分振替休暇をもらえるので平日にも休めてありがたく思っています。仕事柄、午前中が忙しいのですが、午後からは比較的落ち着いているので、半休も取りやすいためありがたいです。


成学社の福利厚生

福利厚生の満足度:満足

福利厚生に関してはあまり理解していないのですが、退職金も2年目からは貰えると聞きましたし、上場企業だけあって、会社の体質はしっかりしているのではないかと思います。不満を上げるとすれば、慶弔休暇も無給になってしまうので、お金をもらうためには有給を消化してしまうことが、不満です。忌引きなど仕方ない場合は有給にしてほしいです。あと、もう一つ不満を上げるとすると、福利厚生についても説明が入社時になかったので、職場の人から情報を得るしかない状態です。


成学社はホワイト/ブラック?

成学社はホワイト?ブラック?:ホワイト企業

入社前の説明と、実際との差がほとんどないので、ホワイト企業かと思います。入社前に聞いていた話と全然違うという会社も多いと思いますが、その点については大丈夫そうです。保育園の経営を始めてからはまだ短いので手探り感は否めませんが、その分、職員の意見もきちんと聞いて反映させてくれるので、やりがいも非常に感じられます。また、小さい法人の保育園はどうしても個人経営なので経営者の独壇場になりやすいのですが、株式会社なのでその点についても満足しています。

成学社のカテゴリ別口コミはこちら

成学社の口コミ・評判掲示板


名無しさん
成学社に実際に勤務している方、勤務していた方へ。

成学社の評判はどうですか?成学社の社風や雰囲気・人間関係について語り合いましょう!ボーナスや年収の上がりやすさなどについてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

回答一覧

  1. 名無しさん より:

    ブラック企業だと思います。私のまわりで、この会社で1年以内に退職した友人を2人知っています。パワハラ・モラハラが多いと言っていました。友人も上司からハラスメントを受けたそうです。

  2. 匿名 より:

    まあここはブラックでしょう。

  3. 匿名 より:

    バイトにすらサビ残させる企業。ここの授業料は業界でも高めの部類なのに、バイトの時給や社員の年収は業界最安に近い。労基に何度も踏み込まれているが、その度に改善したフリをしつつタイムカードの廃止等証拠が残らない体制に切り替えて乗り切ってきた。福利厚生が系列飲食店で数千円利用ごとに数百円割引のクーポンが貰えるというものだったが、某グルメナビサイトで会員登録せずに使えるクーポンの方が割引率が高かった。

  4. 匿名 より:

    この企業はブラック以外の何物でもありません。
    転職、入社を考えている方はもう一度思い直してください。
    人間としてではなく使い捨ての駒として扱われるだけです。
    一度しかない人生をこのような会社で台無しにしてはダメです!

コメントを投稿する

誹謗中傷、虚偽、第三者なりすまし、著作権違反、個人を特定できる情報等は投稿しないでください。法的な責任を問われる可能性があります。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



成学社の口コミ掲示板をもっと見る

成学社の基本情報

  • 会社名:株式会社 成学社
  • 本社所在地:〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西3-1-2 
  • 設立:1987年1月
  • URL:https://www.kaisei-group.co.jp
このページに掲載されている企業の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、こちらのお問合せフォーム(送信専用)からお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

PAGE TOP ↑