協和キリンの評判・口コミ

このページでは、協和キリンの従業員・元従業員・奥様から投稿いただいた口コミ情報を掲載しています。協和キリンの年収やボーナス、福利厚生、ワークライフバランスなどの評判をチェックしてみましょう。

最終更新日:2021/02/01

口コミ一覧
気になる口コミをクリックすると、内容をご覧いただけます
※画像は各企業HPより引用しております

  • 勤務先:協和キリン
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:契約社員
  • 職種:製造
  • ステータス:過去3年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★★
公開日:2021年2月1日

協和キリンへの入社理由・志望動機

協和キリンの志望理由:大手製薬メーカーだから

志望した理由は、ジェネリックやOTC薬、錠剤薬ではなく注射製剤の製造開発をしていたからです。特に、バイオ医薬品は今後さらなる需要が見込まれるので、人の命に携わることでほかのどんな仕事より人のために働けて、且つやりがいを感じると思いました。企業としても徐々に成長していることから、自らがその一員として働きたいと思いました。


協和キリンでの年収・給料:400~499万円

年収への満足度:どちらでもない

業務内容は基本的に正社員と同じでした。業務上の責任という意味では評価を除いて同じだったのですが、正社員の方々と年収で200万円程度の差があったため、満足度は決して高くありませんでした。バイオ医薬品を製造というとても責任のある仕事で、売り上げにもとても貢献していた仕事だっただけにもう少し多くてもよいのではないかと思いました。しかし、普通の生活をするには十分な額であったことも事実で、正社員になればもっと稼げるというやる気になっていた部分もありました。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:とても満足

繁忙期の残業は多かったですが、閑散期は基本定時退社でした。年間でも平均して月10時間程度だったと把握しています。土日祝日、年末年始やGWなどの長期休暇は基本的に休みでした。年間休日は125日でした。プライベートと仕事のメリハリがつけやすいので、私生活も充実させることができました。資格のための勉強や趣味に充てられる時間も多く取ることができるため、ワークライフバランスはよく、有給休暇も基本すべて消化できました。


協和キリンの福利厚生

福利厚生の満足度:とても満足

住宅手当や家族手当が、契約社員にも支給されていたのがとても印象的でした。育児休暇や産前産後休暇を取得する同僚も多く、男性の育児休暇を積極的に取得推進していました。有給休暇は入社時に支給され、一般的な10日間の支給から段階的に上がるものではなく、まとめて15日や20日といった支給がほかの会社を圧倒しています。取得率も非常に高いです。有給休暇は半日単位はもちろん、1時間単位で取得可能というのもこの会社の特徴的な福利厚生の一つだと思います。


協和キリンはホワイト/ブラック?

協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

この会社には派遣社員もたくさん在籍していますが、派遣社員の契約社員化、契約社員の正社員化を推進しています。また、上にも記載しましたが、残業が非常に短くワークライフバランスが重視されています。忙しい時もありますが、チームで協力して業務をしていくスタイルがとても心強かったことを覚えています。働いている人がみな優しく、また、しっかりとした考えを持っている人が多いため、頭ごなしに怒ったり、ハラスメントは一切ありませんでした。

  • 勤務先:協和キリン
  • 性別:女性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★★
公開日:2021年1月4日

協和キリンへの入社理由・志望動機

協和キリンの志望理由:人の命に関わる仕事がしたかったから

四年制大学の文系学部を卒業して、より命に近い現場に貢献できる仕事がしたいと思い、製薬会社に入社しました。中でも協和キリン株式会社を選んだ理由は、腎臓の領域に力を入れたメーカーだからです。腎臓は一度悪くなると回復することはなく、以下に早期の段階で治療を始め、透析導入を防ぐかが鍵となります。営業職とはいえ、医師やコメディカルとのコミュニケーションにより、多くの命が救えるように啓発活動を行う仕事にやりがいを感じられることが魅力でした。


協和キリンでの年収・給料:500~599万円

年収への満足度:満足

あまり勤務時間という概念のない職種ではありましたが、在宅勤務が主流になった現在、内勤業務と外勤業務のバランスも取れるようになり、勤務に見合った給与がいただけていると思います。製薬会社の営業職では、基本給とは別に「外勤手当」というものが非課税で支給されます。外回りをした時間の長さにより金額は変わりますが、最大で1日3600円です。この収入があることは、他のメーカーの営業職と比べて大きな利点であると思います。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

もともとの勤務内容としては、朝7時に特約店(医薬品卸さん)を訪問し得意先の情報共有、その後1時間ほど会社で内勤し、11時前には会社を出て外回りを19時頃まで続けます。昼休憩を取れないこともしばしばありました。遠いエリアを担当すると、帰宅が20時、そこから内勤業務を片付けるといったスケジュールでした。しかし、在宅勤務が主流となった現在では、朝の特約店訪問がコロナの感染拡大防止のため無くなり、電話での情報共有となりました。さらに、密を防ぐため、午前中の内勤は自宅で、そのまま得意先へ直行直帰という流れとなりました。なので、勤務開始は内勤者と同じ朝9時です。出社する移動時間も考えなくて良いですし、ロスタイムが減った分、内勤業務に回すことができます。業務負担がかなり無くなり、給与は変わらないまま適切な労働時間が意識されるようになってきています。


協和キリンの福利厚生

福利厚生の満足度:とても満足

まず、一番大きいのは家賃手当です。地域によって家賃手当の割合は変わりますが、だいたい手出し2万から3万ほどで綺麗なマンションに住むことができます。他にも、結婚や出産の場合の転勤の免除や補助金があり、夫婦での同居支援制度が整いました。また、キャリア育成支援金もあり、英語やマネジメントスキルなどの習得にかかる費用をいくらか会社が負担してくれるものもあります。家庭を大切にする人も、キャリアを重要視する人も、どちらにも適切な福利厚生があります。


協和キリンはホワイト/ブラック?

協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

同じ製薬会社の営業職でも、メーカーによっては業務量や数字の詰められ具合が全く異なります。協和キリン株式会社は、結果よりプロセスを大切にする会社なので、期末に数字を詰められるといったことはありません。また、労働時間の適切な管理のため、個人に支給されたパソコンのログが取られており、残業もきちんと付ける社風となっています。

  • 勤務先:協和キリン
  • 性別:男性
  • 年代:20代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:研究開発
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年10月20日

協和キリンへの入社理由・志望動機

協和キリンの志望理由:バイオ技術の高さに魅力を感じたから

国内の製薬企業において、バイオ医薬品を開発できる企業は少なく、技術力はトップクラスだと思います。大手企業は海外で買収によりバイオ医薬品を開発していますが、国内で直接携われるのは数社しかないため、非常に魅力に感じました。また、企業の規模としては中堅クラスであるため、若いうちから重要なプロジェクトにも参加でき、個人で取り組める部分が多いということも聞いていたので、その点も魅力でした。


協和キリンでの年収・給料:700~799万円

年収への満足度:満足

同年代と比較すると多い方だとは思いますが、同業他社と比較するとやや見劣りする金額になると思います。一方で、近年は他社に合わせ若手層の給与の底上げを実施しており、若いうちは比較的同業他社と比べても不満に感じるほどではないと思います。ただし、年齢が上がるにつれ、年収の上がり幅は小さく、また近年のベースアップの恩恵も少なくなっていくため、管理職となる年代以降はやや見劣りする金額になっていると思っています。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

一部の職種で裁量労働制を採用していますが、残業時間はまだ業界の中では多いと感じており、裁量労働制の採用により残業手当が出ないことと合わせて不満に感じている方もいます。一方、会社として働き方の変革に取り組んできており、残業も減少していく方向にあること、また有給休暇は非常に取りやすい環境であり、万が一の体調不良のための休暇も通常の有給休暇とは別途設定されていて、ワークライフバランスについても概ね満足しています。


協和キリンの福利厚生

福利厚生の満足度:満足

福利厚生については、基本的な住宅補助や通勤手当についても充実しており、不満は感じていません。住宅補助は地域により補助額に変動はありますが、概ね一般的な企業と比較するとかなり高い基準にあると思います。また、万が一の疾病等の休職の際などの手当も非常に充実しており、金銭的には休まざるを得なくてもあまり心配しなくても良いと思います。保養所等の福利厚生施設の廃止等の見直しはありましたが、組合が強いこともあり、基本的には福利厚生は充実していると思います。


協和キリンはホワイト/ブラック?

協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

一部で残業時間が問題になっている事業所もありますが、近年会社としても解消に向けた取り組みを積極的に行なっており、働き方の多様化に向けた取り組みを積極的に行なっていると感じています。キリングループとして人材の多様性にも積極的に取り組んでおり、全体的にブラック要素もないため、働きやすい会社であると思います。

  • 勤務先:協和キリン
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:研究
  • ステータス:過去1年以内に在籍していた
  • 評価:★★★★☆
公開日:2020年4月28日

協和キリンへの入社理由・志望動機

協和キリンの志望理由:医薬品を作り出したいから

自身の親族が小児科の薬局を経営していたため、昔から医療や医薬品には興味がありました。そういった環境の中、病気で苦しんでいる患者さんを本当に救えるのは医者や薬剤師だけではなく、そもそも治療薬を作り出す仕事ではないかと考えるようになりました。そこで、自分自身が治療薬を作り出せる職業として、製薬企業の研究職に魅力を感じました。


協和キリンでの年収・給料:500~599万円

年収への満足度:満足

他の製薬企業と比べて多いか少ないかは分かりませんが、少なくとも自分一人が生活するには必要十分以上の給料をもらっていると考えています。実際に、エンゲル係数はかなり高くなっていますが、自炊をせずにかなり外食に頼っても大丈夫ですし、趣味である楽器演奏やスキューバダイビングを行ったり、年に一度の海外旅行に行くくらいは不自由なくできる水準です。また、会社の住宅手当なども割と手厚いことから、給与額面以上の生活はできているように思います。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

最近よく騒がれている過労死問題や、ワークライフバランスに対して会社は非常に精力的に取り組んでいると思います。残業についてはみなし労働なので定額の裁量労働手当てしか出ませんが、そうでない時間労働の枠の方に対してはきちんと残業代が支払われています。また、過度な残業については本社から逐一監査が入っていて、一定時間以上の残業者に対しては医師の面談やメンタルケアなど、種々の手当てが行われるようになっています。


協和キリンの福利厚生

福利厚生の満足度:満足

給与の額面自体はほかの製薬企業と比べて多くはないかもしれませんが、住宅に対する手当はかなり手厚くなっていると思います。そのため、生活費に占める家賃の割合がかなり小さくなるお陰で、額面以上に余裕がある生活ができていると思います。それに加えて社員の資産形成も会社から推奨されています。例えば、一般財形、住宅財形、年金財形などの制度はきちんと導入されているので、節税効果は大きいです。この他、社員持株会でも奨励金が支給されるなど、福利厚生は手厚いのではないでしょうか。


協和キリンはホワイト/ブラック?

協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

これまでに述べたように、給料については製薬業界ということもあり、業界内での順位は高くないかもしれませんが国内製造業という観点で見るとかなり高い水準で支給されていると思います。また、過度な残業に対する取り締まり、ワークライフバランスに配慮した会社の施策も手厚いものになっていると思います。最後に福利厚生ですが、比較的高い給与に加えて家賃補助や財産形成の支援などのシステムが充実しており、かなりホワイト企業と呼べると思います。

  • 勤務先:協和キリン
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:研究職
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★☆☆
公開日:2020年3月19日

協和キリンへの入社理由・志望動機

協和キリンの志望理由:医薬品の研究業務を行いたかったから

大学院で専攻していた研究領域について、アカデミックに留まらず社会に還元できる方法として、医薬品の研究開発業務に活かしたいと考えていました。特に、バイオ医薬品に強みを持つ協和キリン株式会社においては、自身の専門性を活かしつつ、自分の成長と社会への貢献が両立できる可能性が高い点について、非常に魅力を感じていました。


協和キリンでの年収・給料:600~699万円

年収への満足度:不満

国内医薬品メーカーの平均年収の水準から考えると、やや低めの賃金設定になっている印象があります。特に、同規模の国内中堅製薬メーカーにおいては協和キリン株式会社より100万程度高い給与が与えられているケースがあり、さらに国内大手製薬メーカーにはそれ以上の水準で差がつけられている印象です。また、年功序列の傾向が強く、若年で他社の社員と比較しても優秀な社員に対して十分な報酬が与えられていないように感じる部分が大きいためです。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

営業職と異なり、研究職は非常に年次有給休暇を取得しやすいということもあり、ワークライフバランスは他社と比較しても非常に良好だと感じています。また、一定年数以上在籍した研究職は基本的に裁量労働となるため、いわゆる残業という概念はありません。残業相当分についてはみなし労働として裁量労働手当てが支給されるので、その範囲内で自身が高いパフォーマンスで業務を行えばむしろ時間当たりの給与は高くなり、過度な残業を回避するため効率的に仕事をするモチベーションになります。


協和キリンの福利厚生

福利厚生の満足度:どちらでもない

協和発酵工業とキリンファーマが合併する前、合併直後は福利厚生が手厚いことで知られていました。特に、社員の部活動に対する補助、家賃補助、保養所の存在、提携宿泊施設への宿泊補助など、様々な福利厚生が存在していました。しかし現在は、家賃補助については補助が受けられる期間と補助の手厚さが減じられ、それ以外の先に述べた福利厚生はすべて打ち切りとされてしまっています。こういった福利厚生が手厚い部分で給与水準が他製薬メーカーに比べて低い部分をカバーしていたと思うのですが、それがなくなったことがより給与水準を低く感じる一因にもなっています。


協和キリンはホワイト/ブラック?

協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

給与水準が国内製薬メーカーに比べて低いものの、それでも一般的な国内企業の給与水準に比べると平均以上支給されている点が最初の理由です。また、残業に対する姿勢や年次有給休暇の取得のしやすさが二つ目のポイントです。基本的に残業を強要する経営職もおらず、職場の雰囲気も穏やかであることなどから、十分ホワイト企業と呼べるのではないでしょうか。

  • 勤務先:協和キリン
  • 勤務地:東京都
  • 性別:男性
  • 年代:40代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:臨床開発
  • ステータス:在職中
  • 評価:★★★☆☆
公開日:2020年3月10日

協和キリンでの年収・給料:900~999万円

年収への満足度:不満

恐らくですが、同じ業界の平均年収と比較すると低い方に入ると思います。外資系企業を除いた内資系企業とだけ比較しても平均より低いと思います。その状況に対して、労働組合もそれほど積極的に打開しようとはしていないような印象を受けます。マネージャークラスになったところで、恐らくギリギリ1000万届くか届かないかのところです。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらとも言えない

残業は、日頃からよくしていたような気がします。勤務管理上残業ができない場合は、自宅に帰って来てから再度仕事をしていたと思います。また、仕事上海外の会社とのやり取りをしないといけない時は、夜中や早朝にメールやテレカンなどもしていたり、休日も仕事をしないといけない時はよくあったので、ワークライフバランスはあまり良くなかったように感じます。ただ、内資系企業ということもあり、お盆や年末年始のお休みは取りやすいかなと思います。


協和キリンで今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:どちらとも言えない

基本的には、主人に対しては自分の好きなように働いて欲しいという気持ちが強くあるので、どちらでもないよりの働いて欲しいという気持ちです。また、同じ業界の他の会社と比較しても、福利厚生が良かったり、会社の方向性もとても魅力的な部分が大きいのも理由の一つです。さらに、オフィスが新しくなり、最新の設備の整ったビルに本社があるので、地震などの災害の際にも心配をし過ぎなくて済むといういい点もあります。


協和キリンはホワイト/ブラック?

(奥様にとって)協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

会社の評価制度として、仕事で頑張った分はキチンと評価して下さる点については、とても信用できる会社だなと思います。また、社員の方も同じ方向に向かって一緒に頑張ろうという思いを持った方が多いように感じるからです。

  • 勤務先:協和キリン
  • 勤務地:埼玉県
  • 性別:男性
  • 年代:30代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:在職中
  • 評価:★★★★☆
公開日:2019年8月13日

協和キリンでの年収・給料:600~699万円

年収への満足度:満足

業界内では中の上といった立ち位置ですが、一馬力でも十分生活していけるだけの給与だと思います。また、家賃・駐車場代や車両維持費の補助など給与「外」での補助が多いため、年収よりも少し高い水準で生活出来ています。昇給幅やボーナスについても納得感があり、世間の平均から考えれば非常に恵まれていると感じています。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:とても満足

最近特にワークライフバランスへの取り組みが進んでいると感じます。主人は営業職のため以前から自分の都合で有休は取りやすい方でしたが、社として有休の完全消化を促すようになったり、各自のライフイベントやキャリアアップのためによりフレキシブルに使える休暇制度が出来たりと、さらに休みやすい環境が整いました。また、かつては営業職の残業管理はおざなりだったようですが、持ち帰り仕事が増えないよう業務量の見直しが図られたり、深夜・休日のメール送信が原則禁止になるなどここ数年でかなり改善がみられています。


協和キリンで今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:今後も勤めてほしい

業務量と年収のバランスが取れていると思います。業界内にはもっと年収が高い企業もありますが、当然ノルマや出世争いはより苛烈になるため向き不向きがあると思います。また、今年に入って45歳以上の社員の早期退職を募る流れもあったのですが、単純な人員削減というよりも、年功序列からの本格的な脱却のためのステップとして比較的好意的に捉えています。ただ、医薬品業界自体が全体的に停滞気味であること、所属しているホールディングスの後ろ楯がいつまであるのかわからないということもありますので、状況によっては柔軟に対応する必要が出て来るかもしれません。


協和キリンはホワイト/ブラック?

(奥様にとって)協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

様々な働き方に対応出来るよう、課題(例えば育児休暇の問題や、転勤に伴う配偶者の退職など)の解決に向けて取り組む姿勢が見てとれるからです。働く人とその家族が幸せになれるよう、努力してくれる会社だと思います。

  • 勤務先:協和キリン
  • 勤務地:神奈川県
  • 性別:男性
  • 年代:30代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:MR職
  • ステータス:在職中
  • 満足度:★★★★☆
公開日:2018年8月16日

協和キリンでの年収・給料:500〜599万円

年収への満足度:満足

夫は医薬品の営業をしています。給料に関してはこの年収の他に1日外勤に出ると非課税の日当が外勤時間によって出ます。休みも平日でも取りやすくゴルフに行ったりしています。ただ、転勤でどのタイミングでどこに配属になるかがわからないのがネックです。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらとも言えない

たまにではありますが、休日を使っての講演会があり、休日出勤になることがあります。講演会以外にも得意先とのお付き合いで日曜日がダメになることもあります。朝は7時に出勤して、平日の帰宅時間はほとんど21時を過ぎてから帰ってくるので拘束時間は長いんだと思います。会社から支給された車を使って移動しているのでその点は電車通勤よりは便利なのかなと思います。休暇は前もって上長に報告すれば平日でも頂けるみたいです。


協和キリンで今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:今後も勤め続けてほしい

給与面や会社の規模、事業内容には不満はないので勤め続けてもらいたいと思います。家族をディズニーランドに招待するイベントなども行っており、私も参加させて頂きましたが、ほかの社員さんはとてもいい人が多いです。ただ転勤した先でも同じようにいくとは限らないので辛かったら辞めてもいいよというスタンスです。本人も会社を辞める気はなく、楽しそうに仕事をしていますし、応援したいと思っています。あとは気を使う点としては夫の前ではアサヒスーパードライが好きとは言いづらいです。冷蔵庫にはいつもキリンビールを入れています。


協和キリンはホワイト/ブラック?

(奥様にとって)協和キリンはホワイト?ブラック?:ブラック企業

給与面では特に文句はありませんが、やはり朝早くから夜遅くまで働いていて拘束時間が長いこと、土日でも月に2回は仕事が入ってくることがブラックだと思う理由の1つです。みなし労働なので、人によっては無限に働いてしまうのかなというのは思います。

  • 勤務先:協和キリン
  • 勤務地:広島県
  • 性別:男性
  • 年代:30代前半
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:営業
  • ステータス:在職中
  • 満足度:★★★★☆
公開日:2018年2月10日

協和キリンでの年収・給料:600〜699万円

年収への満足度:満足

結婚して、もうすぐ1年経ちますが、少し前に私は正社員からパートになったにも関わらず、結構良い生活をさせてもらっていると感じるからです。また、30代で600万円以上あるのは、平均よりも多いと思うからです。


協和キリンのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:満足

普段は朝は8時頃家を出て、帰りはだいたい20時〜21時頃です。帰る時間はまわりのサラリーマンに比べたら遅い方なのかもしれませんが、土日は基本的にはカレンダー通り休みですし、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始は、有給を取って長期間休むことができているからです。土日で出勤があったとしても、休日手当ももらえているので、そこは良いと思っています。普段平日も、特に何もなければ休みは取ることができるみたいです。


協和キリンで今後も勤め続けて欲しい?

今後もずっと勤め続けて欲しいと思うか?:今後も勤め続けてほしい

給与面も安定していて、福利厚生面、住宅補助など、いろんな面でしっかりしているからです。今後子どもが生まれた時に、やはり土日休みの会社に勤めていて欲しいと思いました。学校行事などに夫にも一緒に参加して欲しいですし、土日は子どもとの時間、家族との時間を大切にして欲しいという気持ちがあるからです。また、今後、単身赴任になった場合でも、家族が会いに行くときは全額補助が出るみたいなので、そこも安心だと思います。


協和キリンはホワイト/ブラック?

(奥様にとって)協和キリンはホワイト?ブラック?:ホワイト企業

夫本人は、私が知らないこと、大変なこと、たくさんあると思いますが、先輩方との付き合いを見ても、仲が良さそうですし、会社自体が大きいのでいろんな面でしっかりしているからです。この会社なら、退職するまで勤め続けられるかなと思うからです。

協和キリンの口コミ・評判掲示板


名無しさん
協和キリンに実際に勤務している方、勤務していた方へ。

協和キリンの評判はどうですか?協和キリンの社風や雰囲気・人間関係について語り合いましょう!ボーナスや年収の上がりやすさなどについてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



協和キリンの口コミ掲示板をもっと見る

協和キリンの基本情報

  • 会社名:協和キリン株式会社
  • 本社所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
  • 従業員数:7,532人
  • URL:http://www.kyowa-kirin.co.jp
このページに掲載されている企業の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、こちらのお問合せフォーム(送信専用)からお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

PAGE TOP ↑