阪急バスの評判・口コミ

このページでは、阪急バスの従業員・元従業員・奥様から投稿いただいた口コミ情報を掲載しています。阪急バスの年収やボーナス、福利厚生、ワークライフバランスなどの評判をチェックしてみましょう。

最終更新日:2022/02/22

口コミ一覧
気になる口コミをクリックすると、内容をご覧いただけます
※画像は各企業HPより引用しております

  • 勤務先:阪急バス
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:運転士
  • ステータス:現在も在籍している
  • 評価:★★★★☆
公開日:2022年2月22日

阪急バスへの入社理由・志望動機

阪急バスの志望理由:地域密着型に魅力を感じたから

私が子供の頃から馴染みのある会社です。どの運転士さんもお客様に優しく、丁寧な対応をしている場面をよく目にしてきました。そんなバス運転士にいつか憧れを抱くようになりました。しかし、社会人になってからは運送会社と縁があり、トラック運転手として就職します。10年以上勤めましたが運送業界は肉体的に厳しく、高齢になると身体が持たないと判断し退職しました。そんな中、子供時代に見た優しかったバス運転手のことを思い出し、『自分も優しい運転手になって、地域の人達の役に立ちたい』と思い、今のバス会社に就職しました。


阪急バスでの年収・給料:420万円

年収への満足度:不満

バス業界の仕事は、地域のお客様を安全に、そして安心に目的地に輸送することです。そのためには、日ごろから安全運転の訓練を受けて知識と技術を磨きあげています。さらにはイレギュラーなことにも冷静に対応しなければならず、精神面でも高いレベルが求められます。知識、技術、精神面を長く維持するには休息が絶対に必要です。ところがバス業界というのは拘束時間がとても長く、ぐっすり眠ることができずに翌日の勤務に従事する時があります。そのような状況下に対して、今の年収ははっきりいって不満です。


阪急バスのワークライフバランス

ワークライフバランスへの満足度:どちらでもない

私が勤務している会社のワークライフバランスについては、まだまだ向上の余地があります。一番の問題は拘束時間の長さです。拘束時間が長いとプライベートの時間は、どうしても削減されてしまいます。では拘束時間を減らしてプライベートの時間を確保すれば?という意見があると思いますが、それでは給料が少なくなってしまいます。なので、拘束時間を減らすわけにはいかないのです。しかし、年次有給休暇は自由に使用できるので、どうしても予定があるときは有給を使ってプライベートの時間を充実することは可能です。


阪急バスの福利厚生

福利厚生の満足度:満足

福利厚生については、健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険はもちろんのこと、子ども手当や通勤手当なども充実しております。しかし、まだまだ子供手当の金額が少ないことがありやや不満な面もありますが、今の時代でも福利厚生がしっかりしていない会社は多くあります。そんな中、私の会社はしっかりとしている方だと思います。福利厚生がしっかりしていると、従業員は安心して働くことが出来るので満足しています。


阪急バスはホワイト/ブラック?

阪急バスはホワイト?ブラック?:どちらかと言うとホワイト企業

今の世の中多くの企業が存在し、ブラックな企業は少なからず存在します。大手の企業でもブラックな部分があることは、世間の報道からでもわかることです。私の会社では、いじめやパワハラなどはほどんどなく、人間関係は良好な方です。業務内容ではやや拘束時間が長く、身体に負担がかかることもありますが、法定内の拘束時間なのでブラックには該当しないためホワイトな企業だと判断しました。

  • 勤務先:阪急バス
  • 性別:女性(仮名:キナコスさん)
  • 年代:40代
  • 雇用形態:正社員
  • 職種:運転手
  • ステータス:現在も在籍している
公開日:2017年11月14日

阪急バスに満足していること

働いて良かったと思う点①:仕事のやりがい、面白み

主人もバスの運転手をしていることもあったり、元々運転が好きで長距離トラックに乗っていたり、タクシーも乗ってみたり運転と名の付くものは大抵のものには乗ってまいりました。以前は主人と同じく貸切バスの運転手もしていたこともあるのですが、やはり家庭との両立を考えた時に日帰りの仕事に従事したいと思い今の職場に入社いたしました。バスならではの運転操作とか、細かい路線を網の目を這うように走るのが好きで自分にとっては毎日が楽しくて仕方ありません。

働いて良かったと思う点②:ワークライフバランス

人によってはこの職業は向いていない人もいると思います。それは朝が非常に早かったり、夜の帰宅がかなり遅かったり、一日に二回出勤しなければならなかったりと、非常に不規則にならざるを得ない職業だからです。しかし、私にとっては主人も貸切バスで不規則かつ家にいたりいなかったりと、こちらも不規則であることから不規則同士で逆に歯車が合うようで助かる場合があります。お互いがいない時もあればがっちりかち合うこともあったり、幸い子供ももう大きいので自分で出入りしてくれているため家でずっと家事に追われることがなくむしろ家族が各自でやってくれたりと助かることが多いです。また中休とよばれ、朝一回出勤して昼前にいったん開放され、夕方また出勤して夜までという仕事もあり、この空いた時間で買い物を済ませたりと意外と有効に使わせていただいております。


阪急バスへの不満

阪急バスに対しての不満①:年収・給料

どこのバス会社もそうなのかもしれないのですが、やはり基本給が低いです。それを補うのが残業になるのですがもしも全く残業をしなかったら正直スズメの涙程度のお給料になってしまうかもしれません。ある程度自分の持ち分の仕事に残業が含まれていることもあるのですが、無いときはないですからそういう時は仕方がないです。また、あくまでも共働きですのでそこまで必死に働くつもりはなかったのですが、主人の職場の収入も若干不安定な時期に差し掛かってきましたのでできるだけ私が働けるときは働けるようにしています。

阪急バスに対しての不満②:人間関係

やはり、運転手というのはもとより「男の職場」というのがイメージで、そこに女性が参入となると正直なかにはあまり良く思ってくれていない人もいているように感じます。今ではコンプライアンスに抵触すると会社も面倒なことに巻き込まれるという観点からか、わかりやすい嫌がらせとか痴話げんかなどはないのですが、ふとした時に「女なのにすっごいな!」とか「へ〜!女でもこんなとこ曲がれるんか!」とか言う方もおられます。でもそんな時は「私のほうが運転歴長いですからね」等で交わしてます。


阪急バスはホワイト/ブラック?

阪急バスはブラック?ホワイト?:ホワイト企業

近年、過労による死亡や、また大きな事故がとりだたされるなか、一番気を付けないといけない交通関連に務める運転手はやはり一番に労働基準法を守って全ての人の命を守らなければなりません。とかく、これを無視して過当競争に勝とうとして無謀な勤務をしてきたバス会社は、やはり何か大きな落とし穴に落ちています。収入も大事ではありますが、命あっての仕事ですから、無茶はせずに末永く働ける職場であることが一番大切であると思います。もちろん今の職場ではきちんと法令に基づいた勤務で助かっております。

どのような人にとってブラック企業?

特に最近思うのは、とにかく誰よりも収入が欲しいと考えている人は人を押しのけてでも残業を欲しがります。その結果一日の拘束時間も長くなり、翌日までの時間も短くなっておのずと睡眠不足になるようです。疲れがたまると運転もおろそかになるのか、そういう方は事故が多いです。それがかさなり査定にもつながって賞与にひびきます。本人にしてみれば誰よりも働いているのに、どうして査定が低いんだという結果になります。そういう方はたいていブラック企業だと、とかく言いがちですね。

阪急バスのカテゴリ別口コミはこちら

阪急バスの口コミ・評判掲示板


名無しさん
阪急バスに実際に勤務している方、勤務していた方へ。

阪急バスの評判はどうですか?阪急バスの社風や雰囲気・人間関係について語り合いましょう!ボーナスや年収の上がりやすさなどについてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

回答一覧

  1. ジムニー より:

    この会社くさってんぞ!つぶへちまえ

  2. ジムニー より:

    異動もいるんだろうけど、適材適所ちゅーのがあるだろ!バカなやつ異動かんがえたら失敗するんだよ!

  3. ジムニー より:

    最低な会社だよ!ただの駒にしかおもってね!
    おやかた日の丸みていにらあぐらかきやかって。
    社員を人間あつかいしろよ。必ず天罰がくるよう毎日祈りつづけてやる

  4. ジムニー! より:

    さしていな会社た!人およ人とおもってないやつらだ!

コメントを投稿する

誹謗中傷、虚偽、第三者なりすまし、著作権違反、個人を特定できる情報等は投稿しないでください。法的な責任を問われる可能性があります。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




阪急バスの基本情報

  • 会社名:阪急バス株式会社
  • 本社所在地:大阪府豊中市庄内西町5丁目1番24号
  • 従業員数:1,540人
  • URL:https://www.hankyubus.co.jp/
このページに掲載されている企業の基本情報は、当社が委託する外部パートナーが各企業の公式ホームページに掲載されている情報等を収集した上で、掲載をしています。情報の正確さについては、万全を期して掲載しておりますが、当社がそれを保証するものではありません(情報に誤りがあった場合は、大変お手数ですが、こちらのお問合せフォーム(送信専用)からお問合せをお願いします)。また、各種引用元のデータの変更、追加、削除などにより生じる情報の差異について、当社は一切の責任を負わないものとします。当社は、当サイトの掲載情報から直接的、または間接的に発生したと思われるいかなる損害についても責任を負わないものとします。

PAGE TOP ↑